会社の後継者のプレッシャーが変わる!?

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

赤字事業の会社を継ぐ。
事業承継する。

後継者には、
プレッシャーがかかります。

後継者にかかるプレッシャーは、
仕方がない当然の事だ、
と思っていました。

しかし、克服できることを、
前話でお伝えしました。

参照:後継者のプレッシャー克服法

ここでお伝えした方法をおこなうと、
プレッシャーの中身が、
今までとは変わってきます。
心地よいプレッシャーへと変わりました!

今日は、そのお話し。

社長の後継者として抱くプレッシャーは、

  • 経営をしないとならない。でも、できるのか?
  • 赤字を解消しないと!でも、できるのか?
  • 倒産はさけなきゃならない!でも、できるのか?
  • リーダーとして社員をまとめなければならない。でも、できるのか?

のようなものですね。

その根源は、
経営に対する、
漠然とした不安、悩みが、
原因です。

これらの悩みは、
解消のしようがありません。

「経営ができるだろうか?」と、
どんなに悩んでも、
答えは出てきませんからね。

「学べば良い!」となっても、
何を学ぶのかがわからないので、
永遠に悩み続けます。

経営者や後継者向けのセミナーに行っても、
悩みが深まることはあっても、
解消には程遠いでしょう。

経営セミナーや後継者セミナーは、
「経営」を漠然としたまま、
教えようとしているからですね。

だから、マインドだとか、
抽象的な内容と、
手法論だけの話に、
なってしまいます。

で、、、

他のプレッシャーの項目も、
これと同じです。

ところが、、、

「将来、今の事業でこれを実現する。
それには、このように、
進めるんだ」
と一度決めますよね。

すると、後継者の自分自身に、
そして今の会社に、

  • 何が足りないのか?
  • 何を補うのか?
  • どの部分が必要なのか?

ということが見えてきます。

これが見えれば、
どうやったらそれが手に入るのか?
ということになります。

自分あるいは会社が、
実現できるようになるのか?
というプレッシャーに変わります。

漠然とした悩み、プレッシャーから、
実態の見える課題と、
その実現の可否というプレッシャーに、
変わります。

社長の後継者への、
このようなプレッシャーは、
容易に解消することができますよね。

何を手に入れるのか?
その対象がハッキリしているからです。

手に入れる事で、
何をどうしたいのか、
が明らかだからです。

何をどうするのか、
明らかにできることは、
プレッシャーであっても、
解消することができます。

大切なことだから、もう一度言いますね。

何をどうするのか、
わかっているプレッシャーは、
解消することができます。

だから、

後継者のあなたが、
今の事業の将来像をハッキリ描き、
実現する道筋、過程を、
明確にして、実行できるようにする。

ここからスタートすることですね。

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【無料】最新の集客手法やマーケティングをやらなくても、90日後に売上123.8%をラクラク達成の「秘密」を公開

無料レポート「あなたが迷い込むマーケティングの「迷路」とそこから脱出するたった一つの「秘密」の方法」では、

  • マーケティングを一所懸命に勉強しているのに、売上アップが手に入らない理由
  • 売上アップが実現せず、ほとんどの経営者が迷い込んでいるマーケティングの「迷路」の実態
  • 経営者のあなた自身がこの「迷路」に迷い込んでいるかどうかの評価
  • マーケティングの「迷路」から脱出し、90日後に売上123.8%をラクラク手に入れる考え方
  • ラクラクと売上アップを手に入れるための具体的な方法、ステップ

など、あなたの事業において、売上アップをラクラクと手に入れる方法、競合との価格・サービス競争から脱却する方法、事業の将来に期待と希望を持って経営者が取り組めるようになる方法、などについてお伝えします。