head_topimg02

今すぐ手に入れる

 

こんなことでお悩みではありませんか?

 

 私は“ひらめき”が多くないから、アイデアが出てこない。アイデアが出せない。

 私はアイデアを出すことがそんなに得意ではない。苦手だ。

 売上アップに役立つアイデアが出ない、出せない、出てこない。

 競合を引き離すアイデアが欲しいが、出せない、出こない。

1540_32 「ブレーン・ストーミング」をやってみるが、思ったほどアイデアは出てこない。

1540_32 アイデアは出せるけれど、経営・事業にどれほど役立つのか疑問に思う時が少なくない。

1540_32 アイデアは出てくるが、ありきたり、「これだっ!」というものが多くない。

 

その解決にこんな取り組みを

していませんか?

 

■ “ひらめき”が出るようにする方法を調べる。実践して“ひらめき”を待つ。

 

にでも“ひらめき”が訪れる瞬間は少なからずあります。リラックスすると“ひらめき”が訪れるので、入浴時、就寝時などメモを用意します。

 

アイデアが必要な時に限って、リラックスする余裕はありません。“ひらめいた”時にメモが取れないことも少なくありません。

 

いろいろな刺激があると“ひらめき”につながりやすいので、自由な時間を設けます。実際そうなのでしょうが、必要な時に“ひらめき”が訪れるとは限りません。

 

“ひらめき”に頼ると、結局、アイデア出しが苦手になってしまいます。

 

■ アイデアを出す方法をネットで調べる。アイデアに関するビジネス書をアマゾンで調べて読む。

 

ット検索でも、ビジネス書でも、アイデアの活用法、アイデアを出す手法、発想法に関する情報は、今現在も、リアルタイムで溢れています。

 

例えば、ブレーンストーミング、6ハット法、KJ法、マンダラート、逆張り思考法などなど。

 

やり方はわかるので、実際に使ってみますが、思ったようにはアイデアは出てきません。純粋にアイデアを出す方法、手法は、 “ひらめき”をもたらす観点として、どのような視点で対象をみると“ひらめき”に通じるのかというものばかりです。

 

提唱者によって、視点が変わる、視点の括り方が変わるだけです。アイデアを出す方法の根底は“ひらめき”です。

 

“ひらめき”をもたらす新たな視点項目の投入、視点の組み替えなので、次から次へと似たような手法が公開されます。

 

結局、“ひらめく”ことがないと、アイデアにはつながらないことから逃れられないので、あなたは悩み続けることになります。

 

■ アイデアを出すことに関するセミナーを受講する。

 

イデアに関するセミナーを受講すると、「メモをもってリラックスして、思いついたことを書き出す」といった“ひらめき“を高めてアイデアを出す方法を教わります。

 

そのときのワークショップで少しアイデアがでたので、実際に仕事の際に使おうとします。しかし、通常、リラックスをして”ひらめき“をメモするような時間が取れません。

 

”ひらめく“としても数個のアイデアを思いつくことで精一杯で、「あっ!」と思うようなアイデアは出てこないものです。

 

沢山のアイデアが出るわけではないし、「あっ、これだ!」というようなアイデアにお目にかからないので、今までと変わらないと感じます。

 

やがて今まで同様、デスクで考えるようになり、アイデアが出せない悩みが続きます。

 

■ アイデア出しは、自分は苦手だと諦める。「アイデア出し」のことを忘れる様にする。

 

ろいろ試してみるが、以前とは変わらない状況が繰り返されます。その結果、アイデア出しは苦手だと諦めるようになります。

 

あるいは、「アイデアを出すこと」にできるだけ関与しないようにするか、「アイデアを出すこと」自体を忘れたように振る舞い、触れない様にします。

 

知らないふりをすることは簡単ですが、経営・事業を進める上では、企画の際などにアイデアが必要となっても今までと変わらないので、イライラが募ります。悩み、不安がドンドン大きくなるばかりです。

 

でも、実は、、、

 

“ひらめき“に頼らなくてもアイデアを出すことはできます。

 

いつ訪れるかわからない”ひらめき“に依存しなくても、必要な時にアイデアを出すことができる様になります。

 

アイデアを強制的に、しかも大量に出せる様になります。だからと言って、単に量が多いだけで役立たないものばかりではありません。

 

経営・事業に関するアイデアは

必要な時に、強制的に

しかも大量に出せることに

価値があります。

 

イデアは、必要な時に出せるから価値があります。もちろん、“ひらめき”によって出てくるアイデアを否定しているわけではありません。“ひらめき”からであっても、アイデアそのものには価値があることに変わりはありません。

 

経営・事業に携わると、アイデアが必要となる瞬間、例えば、企画する、計画する、施策をいろいろ考える、という場面に必ず遭遇します。

 

その際、いつ訪れるかわからない“ひらめき”に頼っていては、アイデアは出てきません。“ひらめき”に頼ってアイデアが出てきたとしても、その量は多くはありません。

 

アイデアは本来、選択肢を広げるためにあるはずなのに、量が多くないので、選択肢が狭まってしまいます。

 

そうなれば、アイデア本来の価値を、あなた自身が受けることができなくなってしまいます。それは、経営・事業での成果・成長の伸び代を手にする機会を逃すことを意味しています。

 

アイデアは、必要となった時に出せることに価値があります。アイデアを出す時には、大量に出せることに価値があります。

 

“ひらめき”によって出てくるアイデアは大切ですが、経営・事業においては、アイデアは必要な時に、強制的にしかも大量に出せることに価値があります。

 

あなたは、大量に出てきたアイデアから、「これだっ!」というアイデアを選択し、それを実行計画に詳細に落とし込めば良いのです。

 

アイデアを強制的に、しかも大量に出すためには、“ひらめき”に頼らず、実施する方法があります。「アイデア」の本質を知ることで、アイデアを出すためにどのような観点が必要なのかわかります。

 

この観点を実現する「アイデア出しの方法」がわかると、大量のアイデアを出すことは難しくなくなります。

 

誰でも必要な時に、簡単に大量のアイデアを出せるようになります。

 

多くの人が知っているようで、実は本当に理解していない「アイデアの秘密」があります。この「秘密」の本質を知っているか、「秘密」に沿った「アイデアを出す方法」を実践をしているか。

 

大量のアイデアを、ラクラクと導き出せるかどうかの差は、「アイデアの秘密」に関する知識と実践力の差だけです。

 

難しい理屈や困難な手法ではありません。知ってしまえば楽チンで簡単。楽しんで使うことができる方法です。

 

“ひらめき”に頼らない「アイデアを出す方法」を知り、実践をすると、経営者のあなたにはどのような良いことがもたらされるか、以下にまとめました。

 

1540_32 今までの10倍のアイデアを出すことが難しくなくなる。ラクに出せるようになる。
1540_32 必要な時にアイデアを出すことができるようになる。
1540_32 売上アップに役立つアイデアを出せるようになる。
1540_32 今までの10倍を超えるアイデアが出せるので、企画・計画などをする際の選択肢が遥かに増える。
1540_32 「これだ!」と思う、今まで考えつかなかったようなアイデアが出せるようになる。
1540_32 出したアイデアを元に施策を実施すると、成果がとんでもないことになる場合が出てくる。
1540_32 90日後に売上が123.8%に増加する可能性が、あなたの事業に起きる。
1540_32 今まで考えつかなかったようなアイデアを出せるので、いろいろな施策を実施できるようになる。
1540_32 他が考えつかないようなアイデアを出す→実行につながるので、競合を引き離すことが容易にできる。
1540_32 たとえ競合にマネをされても、次々とアイデアを出し、実行できるので、競合が追いつかなくなる。
1540_32 経営者仲間から、「なぜそんなにいろいろなアイデアが出せて、取り組めるのか」と羨ましがられる。

1540_32 「なぜそんなアイデアが考えつくのか?一体どんな頭の構造をしているんだ」と周りから羨望の眼で見られるようになる。
1540_32 経営者仲間から、「いろいろなことに取り組み、成果を出せるようになった理由を教えろ」と頻繁に尋ねられるようになる。
1540_32 経営者の集まりで、たくさんのアイデアを出し、成果をだせるようになった経緯のプレゼンを依頼され、実施するようになる。

 

「アイデアの秘密」は難しいことではありません。表向きは一般に知られていることです。

 

多くの人は、表面的な理解でわかったと考え、実行をしているだけです。

 

だから、いつまでたっても”ひらめき“によるアイデア出しから逃れることができません。”ひらめき“がないからアイデアが出ないと悩み続けています。

 

「アイデア」の本質、原理、原則を明らかにする過程で、「アイデアの秘密」に到達します。

 

「アイデアの秘密」に沿った観点と方法を組み立てることで、誰でも、必要な時に、大量のアイデアを導き出すことができるようになります。

 

あなたは、この「アイデアの秘密」とそれに沿ったアイデアの導き方を学び、習得し、実践するだけです。

 

 

申し遅れました。私は、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

し遅れました。

 

売上アップと事業の継続成長を目指す社長をサポート ウィズスマイル代表 降旗(ふるはた)と申します。

 

私はこれまで、経営者、役員、役職者として経営、事業運営の実務の世界と、売上アップ、事業成長を経営者自ら実現できるようにサポートする世界。その両方の領域に携わってきました。

 

■ 自信は木っ端微塵に!

 

は、学生時代から、比較的アイデアを出すことは出来ました。人が考えつかないようなアイデアを出したこともありました。”ひらめき”がある方だと、自分で思い込んでいました。

 

少し時間をかければ、なんとかひらめいて、アイデアを出せる。そのアイデアは、他の人より役立つことが多いと思い込んでいました。

 

「アイデアを出す。ラクじゃないけれど、他の人よりは楽にできる。」と少し自信がありました。ところが、こんな自信が木っ端微塵になりました。

 

それは、大学院に在籍していた時のことです。

 

私のいた学科では、ある学年になると、自分がそれまでやってきた研究テーマとは異なるテーマを自身で選び、研究の目的、成果、実験方法などを証明、計画し、それを発表する事になっていました。

 

それまで取り組んでいた研究テーマは、教授から与えられたものでした。このときは、自分で研究の価値があるテーマを見つけ出すのです。

 

研究者として、必要なことをこのタイミングで経験させるものです。この発表で評価をされないと、当然過程を修了し、学位をもらうことが出来ません。

 

このために割ける期間は4ヶ月ありません。

 

この期間で、テーマを決め、今までの研究状況を調べ、自身の研究方向を定め、その実現性を証明し、整理をした上で発表の準備をします。

 

 

■ 私はできるから、、、

 

究テーマとして何をするのか、そのアイデアを出すことから始めます。

 

あの分野はどうだ。この分野はいまどうなっている。そこから考えると、この部分をテーマにすると役立ちそうだ。

 

このように、対象となる領域を探し、テーマのアイデアを出していきます。

 

アイデアを出すことに少し自信があった私は、大丈夫だろうと思っていました。

 

毎日図書館に通い、文献や論文を調べ、読み、テーマを探る毎日を過ごしました。文献や論文を読めば、”ひらめき”が訪れて、「このテーマで考えれば良い」というものにぶち当たると思っていたからです。

 

最初の一週間が過ぎました。当時はまだ土曜日が半日授業でしたので、6日間、朝の9時から夜の9時まで、図書館で文献、論文と格闘していました。

 

しかし、”ひらめき”は訪れず、これというテーマのアイデアも浮かびませんでした。

 

次の一週間も同じ様に、”ひらめき”がなく、読んだ論文、文献の数が増えていくだけでした。さらに一週間が、何も変わらずに過ぎました。

 

次の一週間も、同じ様に時間が過ぎていきました。図書館に籠もりはじめてから一ヶ月が過ぎましたが、テーマにつながるアイデアは、浮かんできませんでした。

 

「私はできるから」との思いに不安がよぎり始めました。

 

■ 籠もっているからダメなんだ

 

”ひらめき”がちっとも訪れないので、少し考えました。

 

「そうか!”ひらめき”なのだから、リラックスすることが必要だ。文献を読み漁って、図書館に籠もっているからダメなんだ。これじゃぁ、”ひらめき”なんか訪れるわけがないじゃないか。」

 

翌日から、図書館通いを止めました。メモ帳を片手に、構内や大学の近くをフラフラする日々が続きます。ひらめいたことをメモ帳に記録し、またフラフラする。

 

こんな日々が続きました。”ひらめき”は以前よりあるのですが、「これだ!」というアイデアにはたどり着きません。メモもちっとも増えていきません。

 

フラフラしていると、「本当に”ひらめき”が訪れて、テーマにつながるアイデアが手に入るのだろうか」と不安になってきました。

 

あっという間にフラフラしたまま1ヶ月が過ぎ去り、残り2ヶ月強しかありません。

 

その間に、テーマを決め、目標を決め、さらに、関連する今までの論文を調べ、自身の研究計画を立て、その上で発表用の資料も作らなければなりません。

 

フラフラ歩きながら、ただただ、不安が襲ってくるだけになりました。”ひらめき”が訪れることは、ドンドン減っていきました。

 

■ ”ひらめき”には頼れない

 

バイ!時間がない。これじゃぁ、何もまとめられない。

 

冷や汗がでてきました。本当に時間がヤバイです。タイムリミットはドンドン近づいています。

 

「もう”ひらめき”には頼れない」と思いました。

 

どうしようかと考えたとき、アイデアに関する名著と言われる本に出会います。その中身を読んだ時、「あぁ、”ひらめき”に頼っていた私はお馬鹿さんだった」と思いました。

 

そこに書かれていることをベースに考え始めると、今回の動画講座でお伝えしている「大量アイデアを創出する方法」の原型にたどり着きました。

 

その手法を用いて考え出すと、テーマのアイデアがドンドン出るようになりました。その中から、最も自分が興味と関心を持てるものを選び出し、わずか1週間でテーマにたどり着きました。

 

そこからは、図書館に籠もり、毎日毎日、関連する文献を探し出しては読み漁りました。

 

自身の研究内容や研究目標、研究方法など、どれもこれも、出発点は「大量アイデアを創出する方法」の原型を繰り返し使いました。そしてアイデアにたどり着き、それを文献などで検証し、整理をしていきました。

 

■ 最高の結末

 

表の準備ができました。まずは研究室内での発表です。教授、助教授、講師、先輩、研究室の学生を前に、本番と同じ発表をしました。

 

評価は上々でした。いくつか指摘はもらいましたが、より良いものにするための指摘。

 

基本となっているテーマ領域、テーマ領域に関する検証内容、自身の研究テーマ内容、その方向性、そして、研究の具体的な進め方、その計画内容。どれについても良い評価でした。

 

手直しをして望んだ本番の発表会。対象者は10名です。順番は6番目ぐらいだったと記憶しています。会場に入ると、各研究室の教授、助教授、講師、各研究室の高学年者がズラッと座っています。

 

上がっている自分がわかりました。ちょっと脚が震えていると感じました。その様な状況でプレゼンは始まりました。

 

60分のプレゼンと15分の質疑応答の時間を終え、会場を出ました。ドッと疲れが襲ってきました。ただ、発表しているときに目に入ってくる教授や助教授、講師の顔、質問の内容を振り返ると、上手く出来たのではないか、との自信がわいてきました。

 

夜になると、プレゼン内容に対する評価が、漏れ伝わってきました。私のプレゼン内容は、10名中ダントツの出来だったようです。

 

発表者によって研究領域が異なるので、単純に誰が優れているという話ではないのですが、研究テーマ選びが他の人に比べて良かったとのこと。

 

他の人から群を抜いて、独創的かつ検証された内容であり、この様な観点でテーマをまとめた点を評価してもらったようです。

 

■ 強制的にたどり着いた

 

しかった4ヶ月が終わり、無事、関門を通過。学位取得に向かって、あとは自身の研究を進め、論文をまとめていくことになりました。

 

4ヶ月とはいえ、実際にはテーマを決められずに右往左往した1ヶ月、ひらめきを求めてさまよった1ヶ月、そしてテーマを、大量のアイデアを出す中から見つけ出し、選びだした1週間。

 

その後に検証のための論文調査や発表内容を整理した1ヶ月。本番に向けた準備発表などに費やした3週間。こんな状況でした。

 

「大量にアイデアを創出する方法」にたどり着いたから、研究テーマのアイデアを得ることができました。

 

残りわずか2ヶ月という差し迫った中で、強制的にアイデアを出す方法にたどり着いたからこそ、成し得たことでした。気づいたから出来たことでした。

 

もしこの方法にたどり着かなかったら、ありきたりの、誰でもが気づくような研究テーマで発表内容をとりあえずまとめていたことでしょう。

 

その結果、10人の中に埋もれた評価しか得られなかったでしょう。

 

他では考えつかないようなアイデア。大量に出したアイデア。必要なタイミングで強制的に出せたアイデア。

 

これがあったから、1週間で、他の人とは比べ物にならない様な研究テーマにたどり着くことできました。

 

私の場合は、化学の領域の研究テーマで最初に使い始めました。

 

その後、研究領域だけでなく、システム開発やコンサルティングの世界、経営の実務をおこなう世界でも、同じ様にこのアイデアを出す方法を用い、他では考えつかないようなアイデア、それを基にした施策にたどり着き、成果を出す機会に恵まれました。

 

■ 実践すると驚くような結果が

 

「アイデアがでない」、「アイデアが出せない」と悩んでいた中小企業の経営者の方に、「アイデアの秘密」と「“ひらめき”に頼らずにアイデアを出す方法」をお伝えしました。

 

実際にアイデアを大量に出し、そこから施策を選び、実行していただきました。すると、次のような、今まででは考えられないような成果・結果がでました。

 

  • 6ヶ月経たずに、大量のアイデアから選んだ2つの施策で売上141.3%
  • 大量アイデアから選んだ、たったひとつの施策を実施。お客様からのアンケート評価で、87.2%の高評価を獲得。社員の意欲が増し、大量アイデアから次々と施策を実行。初来店のお客様が、購入する商品が決まっていないのに、かつ、高額商品であるにも関わらず、その店での購入を即決するようになる。
  • 3年間閉鎖されていた和室ばかりで部屋にトイレが付いておらず、部屋からの景色もそれほど良くない保養施設をそのまま使い、宿泊業の素人ばかりで、競合ひしめく巨大温泉地に参入。大量のアイデアから施策をひとつ一つ実践。参入1年半で「楽天トラベル顧客満足度地域No.1」を獲得し大繁盛。
  • 競合ひしめく幹線道路沿いの中古車販売。お客様に価値を提供する施策を、大量のアイデアを出し、一つずつ実践。初来店のお客様が、購入する車が決まっていないのに、その店で車を購入することを即決する状況に変わる。
  • お客様からの値引きがほぼ当たり前の中古車業で、大量のアイデアを出し、実施策を選択。値引きをお客様から全く求められずに購入が決まる販売店に変わり、6カ月後に売上141.3%。
  • ブライダル業界では、挙式・披露宴設備を下見して仮予約、一週間後の本予約という流れが当たり前。お客様に対する施策を大量のアイデアを出してあとに選択して実施。初来店のカップルが、下見の前に「挙式・披露宴をここでしたい」とお願いされるブライダルサロンに変わる。6カ月経たずに売上126.3%。

どの経営者の方も、

「こんなにたくさんのアイデアが出せるなんて思ってもみませんでした。しかも、そこから選んだ施策で、こんな驚くような成果がでるなんて信じられません」、

 

「必要な時にアイデアがバンバン出せるというのは嬉しいです。今までアイデア出しで悩んでいたことが嘘のようです」

 

と大変喜び、またそこから得られた成果に驚いていました。

 

ここまでの話を聞いて、いかがですか?あなたはどのように感じていらっしゃいますか?

 

なぜ、このような実績を出せるアイデアが出せたのでしょうか?

 

多くの人が、アイデアは“ひらめき”によって手に入ると思っています。“ひらめき”で手に入るアイデアを否定しているのではありません。

 

しかし、アイデアを出すことを“ひらめきに”頼ると、いつアイデアが手に入るかわかりません。“ひらめき”は突然くるからです。

 

“ひらめき”に頼ると、手に入るアイデアの量にも限りが出てきます。あなたも経験があると思いますが、“ひらめき”は何度も何度も訪れ、その度に大量のアイデアが出るるとは限らないからです。

 

アイデアは、“ひらめき”に頼らなくても、出すことができます。必要な時に、あなたの経営・事業に役立つアイデアを、ラクラクと導き出すことができます。しかも、大量に。

 

これは「アイデアの秘密」に気づき、それに沿ったアイデアを出す方法を実践した、それだけのことです。

 

「アイデアの秘密」を知り、適切な方法を実践したのか。それとも、今まで通り“ひらめき”に頼ってアイデアを出そうとしたのか。これだけの違いです。

 

だからこそ、「アイデアの秘密」、「”ひらめき”に頼らずに大量のアイデアを出す方法」を、経営者のあなたに知っていっただき、実践してほしいと考えました。

 

実践して、業界ではありえないような成果、競合を断然引き離すような成果を手に入れてほしいと考えました。

 

そこで今回、

 

“ひらめき”に頼らずに今の10倍以上のアイデアをラクラクと出す方法
〜 大量アイデア創出の具体的な方法 〜

 

を動画講座として、あなたにお伝えすることにしました。

 

【動画講座】
“ひらめき”に頼らずに

今の10倍以上のアイデアを

ラクラクと出す方法
  〜 大量アイデア創出の具体的な方法 〜

 

れでは動画講座の内容をご紹介します。

 

【第1章】イントロダクション
  • 実践した成果
  • 本日あなたが手に入れること

 

【第2章】アイデアを出そう!アイデアを出したい!
  • アイデアに求めるもの
  • アイデアを出そう!
  • アイデアを出す方法
  • アイデアは出てこない

 

【第3章】アイデアとは何か。アイデアの出し方とは
  • アイデアとは何か?
  • アイデアはひらめきだ?
  • アイデアの本質となる要素
  • 少数 vs. 大量
  • 大量のアイデアが出せる理由

 

【第4章】大量のアイデアを出す準備
  • アイデアを出す準備
  • 大量にアイデアを出す方法
  • 図解の高いハードル
  • 簡単に描くための方法

 

【第5章】実践の成果につなげるためのモデル化アイデア組合せ創出法 使い方のポイント
  • 「アイデア創出法」を実践した結果
  • アイデアの個数と選択
  • 「アイデア創出法」を使うタイミング
  • 成果を手にするためのポイント

 

【第6章】まとめ

 

 

この動画教材の中では、経営者のあなたが抱える、

  • ”ひらめき”がないからアイデアが出せない
  • 売上アップに役立つアイデアが出せない
  • アイデアが少ししか出せない
  • アイデアが必要なときに出せない

という悩みを解決します。

 

そして、

  • 大量アイデアを必要なときに導き出し、選択して実施することで、業界でありえないような成果を手にする方法
  • 売上アップ、事業の成長に大量アイデアを導き出す方法を活用するタイミング

を明らかにします。

 

以上の内容を約1時間で説明します。

 

 

この動画講座を学ぶメリット

 

【動画講座】
“ひらめき”に頼らずに今の10倍以上のアイデアをラクラクと出す方法
  〜 大量アイデア創出の具体的な方法 〜

 

を学ぶメリットをまとめました!

 

 今までの10倍のアイデアを出すことが難しくなくなる。

 売上アップに役立つアイデアをたくさん出せるようになる。

 必要となったときに、アイデアを大量に出すことが苦にならない、ラクにできるようになる。

 今までの10倍を超えるアイデアが出せるので、企画・計画などをする際の選択肢が今までより遥かに増える。

 「あっ!」と感じるような、ありきたりではないアイデアが出せるようになる。それによって、実施成果がとんでもないことになる可能性を手に入れる。

 今までの自分では考えつかなかったようなアイデアが出せるようになる。

1540_32 「なぜそんなアイデアが考えつくのか?一体どんな頭をしているんだ」と周りから羨望の眼で見られるようになる。

1540_32 90日後に売上123.8%を実現できる可能性を、あなたの経営、事業運営に組み込むことができる。

 

セミナーに参加された方の声

 

「これだったら(アイデアが)出そう」

東京都 平塚 様

 

「意外と簡単にできる」

東京都 内田 様

 

「『絵を書く』でアイデアが出るというのがすごく良かった」

東京都 北村 様

 

なぜ今回、

“ひらめき”に頼らずに今の10倍以上の

アイデアをラクラクと出す方法

の動画講座を提供することにしたのか?

 

はこれまで、

  • アイデアが出せない。アイデア出しが苦手だ。
  • 企画や計画、施策など、アイデアが必要なときにアイデアがひらめかないので困る。
  • たくさんのアイデアがあればいろいろ選べるのに、アイデアを数多く出せない。
  • アイデアを出しても、ありきたりなものばかりだ。

ということに不満を感じ、どうやればよいのかわからずに悩む経営者の方をたくさん見てきました。

 

いつ訪れるかわからない”ひらめき”から、アイデアを出すことにあなたが頼っていると、この様な悩みから開放されることは期待できません。

 

その一方で、

  • ”ひらめき”に頼らずに、今まで考えつかなかったようなアイデアを出せる。
  • アイデアを出すことへの苦手意識がなくなった。
  • アイデアが必要なときに、大量のアイデアを短時間で出せる。
  • アイデア出しが苦にならない。
  • アイデアが必要なときに導き出して、事業、企画、施策などに用いて成果を手にしている。
  • 今まで考えつかなかったアイデアを手に入れて、実施することで競合が追いつけない成果を出した。
  • ラクラクと導き出した大量のアイデアから施策を選び実践することで、売上アップ、事業継続を実現し、今は経営に面白さを感じている。

という成果を手に入れる経営者の方を見てきました。

 

  • 一方の経営者の能力が優れていて、他方が劣っているわけではありません。
  • 一方の経営者が高学歴だとか頭が良く、他方は高学歴ではなく、勉強が苦手だったわけではありません。
  • 一方が熱心に施策に取り組み、他方が熱心に施策をやらなかったわけではありません。
  • 一方がアイデアの出しやすい事業・仕組みで、他方はアイデアが出しにくかったわけではありません。

同じ事業に携わっていても、ラクラクと10倍を超えるアイデアを出し、そこから成果を手にできる経営者と、アイデアも成果も出せない経営者が存在しました。

 

この差は「”ひらめき”に頼らずにアイデアを出す、具体的な方法を知り、それを実践している」という違いだけです。

 

今回の動画講座

 

“ひらめき”に頼らずに今の10倍以上のアイデアをラクラクと出す方法

〜 大量アイデア創出の具体的な方法 〜

 

では、大量のアイデアを導き出す具体的な方法をお伝えします。

 

世の中には、アイデアを出すための手法が、たくさんあります。

 

ブレーン・ストーミングやオズボーンのチェックリスト、クルーカード法、シックスハット法。それ以外にもいろいろあります。

 

しかし、実際には使いこなすことは容易ではありません。

 

今回、この動画講座で「“ひらめき”に頼らずに今の10倍以上のアイデアをラクラクと出す方法」を公開することで、アイデアを“ひらめき”で出すことや、ブレーン・ストーミングなどの様々なアイデアを出す手法を教えている経営コンサルタントの方や、中小企業診断士の方から、私は恨まれるでしょう。

 

それでも、動画講座を提供し、結果につながる「大量アイデアを出す」ポイント、具体的な方法を、成果を手に入れたいと考える経営者のあなたに明かすことにしました。

 

なぜなら、ほとんどのアイデア出しの手法は、分かっていても使えない、実際には面倒なので使わないからです。

 

本当にビジネス、事業に役立つのだろうか、と訝るような視点・観点でアイデア出しをする場合もあるからです。

 

現実には、アイデア出しとなると、お決まりの様に「ブレスト(ブレーン・ストーミング)」をします。

 

しかし、今まで考えつかなかったようなアイデアにはお目にかかれません。出てくるアイデアの個数は僅かです。結果は惨憺たるモノ。

 

そのうち、「ブレスト」も言われなくなります。

 

今までどおり、アイデアは”ひらめき”に任され、アイデアを出すことを避ける、観なかったふりをするようになります。

 

これは「まずい!」と考えています。

 

経営者が、考え、企画・計画し、成果・結果を手に入れる場合、必要なときにアイデアを出せること、アイデアを大量に出せることが、あなたには必要だと考えます。

 

大量のアイデアをドンドン出せたほうが、よりよい成果につながると考えます。そして実際、大量のアイデアを出した後、実行施策を絞り込み実践すると、驚くような成果が出ることを、私も私のクライアントも体験しています。

 

今回の動画講座は、“ひらめき”頼りのアイデアを出す世界を打破して、実際の成果・結果に役立つアイデアを出す具体的な方法をお伝えするものです。

 

今回の動画講座は、実施するための重要な考え方と実施できる方法をお伝えする「具体的な方法講座」シリーズの一つです。

 

経営者のあなたは、事業を進めるに当たり、様々なことを企画・計画し、実行して成果を手に入れたいと考えているでしょう。

 

大量のアイデアをラクラクと出すと、今まで考えつかなかった、他の人が考えつかなかったようなアイデアを手に入れることができます。

 

そこから施策を選び実践すれば、他では手に入れることができない成果・結果を、あなたの事業で手に入れることができるようになります。

 

 

動画講座の料金

 

回の動画講座の内容は、明日からでも実践すれば、アイデアが今まで以上に出せるようになる、役立つ考え方、手法をお伝えするものです。

 

短期的な成果・結果につながるだけではありません。

 

使い続け、習慣として使えるようになれば、他が考えつかない施策をこれから先ズーッと実施し、今まで以上の成果を手にすることができるようになります。

 

適切なタイミングで使えるようになると、90日後に売上123.8%を手にすること、更には、業界でもありえないような成果を手にすることができるようになります。

 

あなたが90日後、今の売上の123.8%を実現している状況を考えてみてください。今の売上額と比較して、売上は金額にしていくら増えるでしょうか。

 

その時、利益はどのくらい増えるでしょうか。

想像をしてみてください。

 

今のまま、“ひらめき”頼りのアイデア出しを続け、アイデアがなかなかでない状況が続いたとしたら、半年後も、あなたは今と変わらない売上のままでしょう。

 

先程の123.8%の売上との差額を計算してみてください。今のままを続けると、あなたはこの金額を掴みそこねたことになります。

 

逆に、もしあなたがこの額を手に入れていたとしたら、どの様な状況になっているでしょうか。

 

あなたが掴みそこねた金額を考えたならば、逆にそれを掴み取る具体的な方法を身につけるために、20万円、30万円を出しても、決して高くはないことだと思います。

 

しかしながら、今回、この動画講座は10,800円(税込)でご提供することにしました。

 

ちょっ、ちょっと待ってください!

 

できるだけ多くの方に、この「10倍以上のアイデアを出す具体的方法」を知っていただき、ご自身の事業、経営に活かしていただきたいと考えております。

 

とはいえ、どのくらいの方がこの内容に関心を持ってくださるのか、手探りの部分が少なくありません。そこで、今回、定価10,800円(税込み)の当教材を、7,980円(税込み)のテスト価格にで、ご提供することにしました。

 

定価10,800円(税込み)

7,980円(税込み)

 

状況によっては、いつまでこのテスト価格(7.980円)でご提供できるかはわかりません。

 

もしかしたら、正規価格に戻したほうが良いとなるかもしれません。

 

その時には、テスト価格でのご提供は終了となり、定価でのご提供になりますので、ご注意ください。

 

今回の動画講座が、本当に自分に役に立つかわからない。

 

そんな方のために返金保証をご用意しました。

 

 

返金保証

 

れだけこの動画講座の内容で、

  • 今10倍のアイデアをラクラクと出せるようになる。
  • 今まで考えつかなかったようなアイデアがだせるようになる。
  • 大量のアイデアから施策をおこなうと、90日後、売上123.8%など、今よりありえない成果を手にできる

というベネフィットがあるとはいえ、あなたにはまだ不安があるかもしれません。

でも、返金保証制度があるので安心してください。

 

もし動画講座を観て、「想像していた内容と異なった」とあなたが感じた場合、どんな理由であっても、ご購入から6ヶ月以内であれば、振り込み料当方持ちで、全額返金いたします。

 

安心して、この動画講座にご参加ください。

 

購入特典

 

回の動画講座を手に入れてくださった方には、以下の特典をプレゼントします。

 

「施策案の元になったアイデア出しの過程」を解説した資料を差し上げます。

現実に施策として実施し、結果を出したものです。但し、秘密保持契約に抵触しない範囲で、どの様にアイデアを出し、施策にしたのかをお伝えしています。

 

 

場合によってはご提供できないこと

がございます。

 

自信を持っておすすめする今回の動画講座ですが、1つだけお伝えしておかなければならないことがあります。

 

あなたが、今の10倍を超えるアイデアを導き出す方法を学ぶ際、

  • 自分は考えなくても、全て教えてもらおうと思っている。
  • 知識だけ手に入れば良い。実践はしなくても良いんだと考えている。
  • 最新の理論や流行りの手法をとにかく知りたい、学びたいと考えている。

もし、あなたがこのいずれかに当てはまるならば、今回の動画講座の内容は見当違いです。

 

このように考えられる方は、今回のこの動画講座の内容では、対応が難しいです。

他のアイデアに関する書籍、教材、講座などをご利用ください。

 

あなたが望んでいることが

  • 学んだ事を使って、自分自身で大量のアイデアを出そう。
  • アイデアを大量に出して、そこから施策につなげて、成果・結果をだそう。
  • 大量のアイデアを出す方法、施策に活用する方法を身につけ、長期的に事業の成長を実現できるようになろう。

と考えているのならば、この動画講座の内容はきっと気に入って頂けます。

あなたの経営、事業に、明日から、そして長い期間にわたって、繰り返し、十分に活用していただけます。

 

お申込みはコチラから

 

【動画講座】“ひらめき”に頼らずに 今の10倍以上のアイデアを ラクラクと出す方法

お支払い方法

 

よくある質問(Q&A)

 

Q1:仕事、ビジネスでアイデアを出す、ということをそれほど経験していないのですが、大丈夫でしょうか?
回答:“ひらめき”によるアイデア出しとは異なり、実践すると実際にアイデアが出せる方法をお伝えしています。今までの経験は殆ど関係ありません。安心してご活用いただけます。

 

Q2:教材の動画はどうやってみる事ができるのでしょうか?
回答:教材の動画は、ウェブサイト上に準備(ウェブサイトへのアクセスにはパスワードが必要になります)いたします。ウェブサイトへのアクセス方法は、メールにてお知らせいたします。

 

Q3:動画講座に関連する資料などがありますか?
回答: 動画の中で使用している資料をPDFにして、ダウンロードにより入手いただけます。

 

Q4:動画講座の費用の支払い方法は?
回答:動画講座のお支払いは、今回、「PayPal決済を用いたカードでのお支払い」のみをご用意しております。大変申し訳ありませんが、他の決済手段はご用意しておりません。PayPal決済を用いた場合、カード情報など決済に関する情報は、当方には一切明かされませんでの、安心してご利用ください。

 

追 伸

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

 

ここまでの内容をご理解いただけるように、お伝えしたことをまとめます。

 

「“ひらめき”がないからアイデアが出せない」と落ち込むことが多い。
「売上アップに役立つアイデアが出ない、出せない」とイライラすること多い。
「もっと成果を手にできるような、今まで気づかなかったようなアイデアを手に入れたい」けれど実現できない。

 

このような状況から脱し、大量のアイデアをラクラクと出し、そのアイデアを実施することで業界でもありえないような成果、競合がマネできない成果を手にすることができる。それを実現する「10倍のアイデアをラクラクと出す方法」を、動画講座を通じてお伝えすることにしました。

 

さらに、90日後に売上123.8%を実現するために、この大量アイデアを出す方法をどの様に活用するのかを、併せてこの動画講座でお伝えしています。

 

この動画講座で学び、実践することで、

  • “ひらめき”に頼らずに、アイデアが出せるようになります。
  • 売上アップに役立つアイデアがドンドン出せるようになります。
  • 今の10倍を超えるアイデアを出せるようになります。
  • アイデアを元に施策をおこなうことで、今より成果・結果を手にすることができるようになります。
  • 90日後に売上123.8%を達成する可能性があなたの事業に組み込まれます。

 

 「いろいろ試してきたけれど、アイデアが出てこない。」

 「アイデアが必要なときに、アイデアをドンドン出せればよいのに!」

 「たくさんのアイデアを出せれば、良いものを選んで成果につなげられるのに(それができずに残念だ)」

 

このように少なからず感じることがある経営者のあなた。

 

 「必要なときにアイデアを出せるようになりたい」

 「もっとたくさんのアイデアを出したい」

 「アイデアを使って、売上アップを実現したい」

 「アイデアを用いて、事業をこれからもっと成長させたい」

 

経営者のあなたがこのように思うのならば、
お早めに「今の10倍を超えるアイデアをラクラクと出す方法」の動画講座にご参加ください。

 

 

最後に、次のことをお伝えしますね。

 

アイデアが出せない、アイデアを出すには“ひらめき”が必要だ、たくさんのアイデアが出せない、という人が知らない、「アイデアとその出し方」に関する「秘密」があります。

 

アイデアの出し方という表面的手法にとらわれずに、本質、原理原則に基づいて、ほとんどの人が知らない「アイデアとその出し方の秘密」を手に入れてください。 この「アイデアとその出し方の秘密」に則った方法を手に入れてください。

 

この「秘密」を知り、その「秘密」を活かす具体的な方法を知れば、

 

大量のアイデアを出すことがラクラクとできるようになります。

 

今までと異なるアイデアが出せるようになります。

 

売上アップに役立つアイデアがドンドン出せるようになります。

 

必要なときにアイデアを出せるようになります。

 

アイデアを元に実践すると、今よりも成果・結果が出る可能性が増します。

 

 

もう一点、お伝えしておくことがあります。

 

あなたはナポレオン・ヒル氏をご存知だと思います。「思考は現実化する」という名著を表した人で有名です。
あなたもこの本を読んだかも知れません。

 

「ナポレオン・ヒル・プログラム」という名称を聞いたことがあるかも知れません。

 

今、かつてのナポレオン・ヒルと同じ様に、「成功者への分岐点にあなたは今立っている」としたらどうでしょうか。

 

ナポレオン・ヒルは、若い頃、新聞記者をしていました。彼は成功談を取材する目的で、世界の鉄鋼王であり、大富豪であったアンドリュー・カーネギーを訪問します。カーネギーは彼を三日三晩、自宅の豪邸に泊めながら、自らが培ってきた成功ノウハウを語りました。

 

そして三日目の夜、カーネギーは、ナポレオン・ヒルに、次のように告げます。

「どうだろう、私が億万長者になるであろうと思う500人をリストアップするから、彼らに取材し、共通点を見つけてほしいんだ。期限は20年。ただし、資金の援助は一切ない。」

 

ナポレオン・ヒル氏は、「ちょっと考えさせて下さい」と答えたそうです。

 

もしあなたが、ナポレオン・ヒル氏と同じ状況になったら、なんと答えるでしょうか。

 

時間が静かに流れます。

 

そして「分かりました!やります!」とナポレオン・ヒル氏はやる!を選択しました。

 

「29秒!合格だ!」カーネギーは時計を見て言いました。

「もしもあなたが30秒以上かかったら、わたしは君には頼まなかったよ。」

 

その時にやると決めたナポレオン・ヒル氏は、成功者に取材を行いました。20年後、「ナポレオン・ヒル・プログラム」の原型が完成。

 

「思考は現実化する」という本を書き、世界中で大ヒット。億万長者になりました。

 

もしあのわずか29秒の間に、ナポレオン・ヒル氏が決断をしなかったら、「思考は現実化する」という本は出版されず、私たちが読むことはなかったでしょう。

 

世界中の人に影響をおよぼす「ナポレオン・ヒル・プログラム」は、世の中に存在すらしなかったでしょう。当然、ナポレオン・ヒルが億万長者、成功者に加わることはなかったでしょう。

 

人生におけるチャンスを手にするためには、カーネギーが時間を測っていたように、私達に与えられた決断までの時間は、実際のところ、ほんの僅かです。

 

その瞬間に決断をしなければ、チャンスを手にすることは出来ません。

 

ナポレオン・ヒルは、29秒で決断をしました。

 

もう1秒長く、30秒を超えていたら、このチャンスを手にすることは出来ませんでした。

 

そして、ナポレオン・ヒルとアンドリュー・カーネギーのこの話の中には、成功を手にする、チャンスを手にする大きなヒント、多くの人が見逃すヒントが隠されています。

 

チャンスは、一見するとチャンスには見えません。

 

ナポレオン・ヒルの場合、「資金援助が無い中、500人もの人に取材をする」という、大変で苦しそうな過程を経た先に成功がありました。

 

大変で苦しい、あるいはリスクになる。

このことを負わないと、成功は訪れません。

 

リスクのないところ、美味しい話の先には、成功は訪れません。

 

詐欺話と似ています。
”おいしい話”の先には、好ましい結果は待っていないのです。

 

あなたは、本当のチャンスをつかむ人でしょうか。

 

それとも、”おいしい話”ばかりを追いかけ、折角のチャンスを逃してしまう人でしょうか。

 

今回の動画教材を手に入れることには、確かにあなたにリスクがあります。
しかし、そのリスクを最小限にできるように、返金特典を設けました。

 

今回の動画講座を観て、「想像していた内容と異なった」とあなたが感じた場合、どんな理由であっても、ご購入から6ヶ月以内であれば、振込手数料当方持ちで全額返金いたします。

 

安心して動画講座にご参加ください。

 

あなたには、今回のこの機会を有効に使って欲しいと考えています。
あなたの事業における「チャンス」にして欲しいと願っています。

 

今回の動画講座

“ひらめき”に頼らずに今の10倍以上のアイデアをラクラクと出す方法

〜 大量アイデア創出の具体的な方法 〜

 

この動画教材はテストマーケティングの特別価格でご提供をしています。

 

ただし、この価格でのご提供は、いつまでできるかはわかりません。

 

状況によっては、定価でのご提供に戻ることがあります。

 

「大量のアイデアをラクラクと出す方法」を手に入れてください。

売上アップに役立つアイデアの出し方を身につけてください。

 

“ひらめき”がないから、アイデアが出せない。

必要なときにアイデアが出せない。

このような状況から脱却してください。

 

今まで気づかなかったようなアイデアが、大量に出せるようになる。

導き出したアイデアを実践して、今まで以上の成果を手にできる。

 

あなたがこれらを実現するために、私は手助けができると信じています。

 

大量のアイデアをラクラクと出せるようになる学びを、一所懸命に取り組むあなたとご一緒できたら嬉しいです。

 

ここまでお読みいただいて、私のメッセージに共感いただけたのであれば、ぜひ動画講座を観てください。

 

ご注意ください

 

今回の動画講座には、特典をご用意しています。

 

動画講座の参加費用は、通常10,800円(税込み)のところ、テストマーケティングをおこなっているので、テスト価格7,980円(税込み)にてご提供します。

 

定価10,800円(税込み)

7,980円(税込み)

 

ただし、テストマーケティングなので、いつまでこの価格でご提供できるかはわかりません。

 

動画講座に参加いただいた方には、「実践した施策とそのもとになったアイデア出しの過程を解説した資料」を差し上げます。

 

これらの特典は、今後、いつまでご提供できるかわかりません。

 

「経営・事業に関するアイデアを、必要なときに、強制的に、しかも大量にラクに出すこと」に関心がある方は、すぐに動画講座への参加申し込みをして、特典を手に入れてください。

 

今すぐ手に入れる