head_top

今すぐ手に入れる

 

こんなことでお悩みではありませんか?

 

 

 企画・計画・実行しているのになかなか売上アップの成果がでない。

 計画し、その内容を実行してはいるが、「やりっ放し」になっている。

 改善の重要性はよく分かっているが、実際は改善ができない、改善が進まない。

 施策を続けるのか、止めるのか判断ができない。

 成果の出ない施策をダラダラと続けているのではないか不安だ。

 

解決のためにこんな取り組みを

していませんか?

 

■実行結果を報告する仕組みを作り、社員らに実施させる。

 

果を報告する、という仕組みを作りますが、現実には機能せず、今まで同様に結果報告は上がってきません。結果報告がされた場合でも、「実行した、結果はこうだった」という内容ばかりで、改善につながるようにはなりません。直ぐに報告の仕組みは形骸化し、報告されない、改善されない状況が続くだけ。以前とは変わらない状況のままです。

 

■「やり放し」をキーワードにネット検索をする。

 

ット検索をしますが、「これだ!」という情報には巡り合わないものです。具体的な解決方法がないので、今までの「やり放し」状況が続き、イライラが募ります。結局どうやったら「やり放し」にならないのか答えがわからず、悩み続けます。

 

■調べた結果PDCAサイクルにたどり着く。「PDCAサイクルを回そう」と決める。

 

調べた結果、PDCAサイクルを回すことにたどり着きます。PDCAサイクルに取り組みますが、「やりっ放し」は解消しません。

 

PDCAサイクルを上手に回す方法を調べますが、具体的な方法はどこにも示されていません。「PDCAサイクルを上手に回そう」とは思いますが、実際にはどうやったら良いかわからず、今までの状況から脱することができません。

 

■どうやったら「やり放し」にならないか答えがわからず、悩み続ける。

 

まで同様、「やり放し」を気にかけ、なんとかしようとは思うがどうにもなりません。結局、なにも改善されず、今まで同様、売上アップの成果が出ない状況にイライラが募り、悩み、不安がドンドン大きくなります。

 

 

実は、、、

 

PDCAサイクルを回すための重要なポイント、簡単な実施方法があります。

PDCAサイクルを回そうとするだけでは足りないのです。

 

PDCAサイクルを回すポイント

を知ることが必要です。

 

画・計画、実行をして、成果・結果につなげるためには、「PDCAサイクル」を回すことが重要であると、以前から言われてきました。

 

PDCAに関する書籍も、多く出版されています。直接PDCAに関するタイトルでは無くとも、計画、実行、改善に関するビジネス書の中でも、PDCAサイクルを回すことの重要性は記載されてきました。

 

ネットで調べても、PDCAサイクルを回すことの重要性を記載したページが多くでてきます。

 

「そうか!PDCAサイクルか!このサイクルを回せば、成果を手にすることができるんだ」

 

「PDCAサイクル」を、知った当初は、このように思います。

そして「PDCAサイクル」の実施に取り組みます。

 

実際にやってみると、PDCAサイクルが上手に回ることはありません。

 

計画し、実行した後、やりっ放しになってしまいます。

 

なぜなら、「PDCAサイクル」を回すために、具体的に何をどうすればよいのか、誰も教えてくれないからです。その点はどこにも書かれていないからです。

 

「PDCAサイクルが重要だ」と言っている人たちでさえ、どうすれば「PDCサイクル」が回るのか、本当のところ知らないからです。

 

「PDCAサイクルが、成果・結果を手にするために重要だ」ということが分かったとしても、それを実現することが出来ない状況なのです。

 

「PDCAサイクルを回そう」とするだけではなく、「PDCAサイクルを回す」ためのポイントを知り、PDCAを回す要素を組み込むことが必要なのです。

 

「PDCAサイクル」の回し方がわかり、実行すると、経営者のあなたにはどのような良いことがもたらされるか、以下にまとめました。

 

 計画・実行した成果・結果が、今までよりもハッキリする、より良くなる。

 実行したままやりっ放しの状態がなくなる。

 90日後に売上が123.8%に増加する可能性が、あなたの事業に組み込まれる。

 施策を続けるのか、止めて他の施策に取り組むのか、容易に判断できるようになる。

 効果があるかどうかよくわからない施策を、ダラダラと続けるムダがなくなる。

 効率よく計画したことを実行し、成果を得られるので、他の施策を実行する余裕ができる。

 余裕ができると、さらに多くの施策の実行に取り組むことができる。

1540_32 これによって、さらに成果・結果を手にすることができる。

 多くの施策に取り組み成果を手に入れるので、競合を引き離すことが容易にできる。

 施策を実行し、カンタンに成果を手にできるようになる。

1540_32 事業の運営に関して、経営者としての不安がなくなる、少なくなる。

 経営者仲間から、「なぜそんなにいろいろなことに取り組めるのか」と羨ましがられる。

 経営者仲間から、「成果を出せるようになった理由を教えろ」と尋ねられるようになる。

  経営者の集まりで、成果が出るようになった経緯のプレゼンを依頼されるようになる。

 

 

あなたの事業において、日頃の取り組みの成果を今よりも手に入れる、より多くの施策に効率良く取り組み今よりも成果を手にするには、「PDCAサイクル」を回す具体的な方法を身に着け、「PDCAサイクル」を当たり前に回せるようになることです。

 

そのためには、「PDCAサイクル」を回すために押さえておくべき、とても簡単で易しいポイントを知り、あなたはそれを実行するだけです。

 

申し遅れました。私は、

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

し遅れました。

 

売上アップと事業の継続成長を目指す社長をサポート ウィズスマイル代表 降旗(ふるはた)と申します。

 

私はこれまで、経営者、役員、役職者として経営、事業運営の実務の世界と、売上アップ、事業成長を経営者自ら実現できるようにサポートする世界。

 

その両方の領域に携わってきました。

 

■ 自信が全て吹き飛んだ!

 

資系の大手コンピュータ会社でシステムエンジニア、都銀系総合研究所にてコンサルタント。

 

シニアコンサル13人を率いるプロジェクト・マネジャとして、大手金融系企業の中期経営改革策定を通じて業績を1.27倍など、成果を出しました。システムやITだけでなく、経営、事業運営について、私は自信満々でした。

 

地方の中小企業から新規事業開発の役員としてヘッドハンティングされたとき、「私ならば問題なくできる」との自信がありました。

 

経営陣からは「任せるから、ぜひうちの会社に来て、やって欲しい」、社員からは「降旗さんが来てくれるなら、私達も一所懸命にやることができます」と請われました。

 

役員を引き受け、一人で乗り込みました。始めてみると、社員はちっとも動きません。事業は思ったように展開していきません。既存事業も同時にいくつか任せられましたが、どれもこれも良くなりません。

 

それまでの経営コンサルタントとしての経験と知識をフルに動員しても、状況を変えることはできませんでした。

 

私自身の経歴、経験、知識、自信。なにもかもが吹っ飛びました。

 

■ 「そうだ!PDCAサイクルだ!」

 

ぜ成果、結果が出ないのか。

 

この状況を打破するためには何をしたら良いのか考えました。

 

そして気が付きました。

 

社員は事業計画や私の指示に沿って、実行をしていました。

 

しかし、やりっ放しでした。結果はでていましたが、ただそれだけでした。結果を元に、なぜそうなったのか、どうしたらよいのか、どうすればより良くなるのか。そんなことを何一つ考えることもありませんでした。

 

「この間お願いしたことはやったの?」と尋ねれば、「はい。やりました」と社員は答えます。

 

「で、やった結果はどうなったの?」と尋ねれば、「○○をやって、□□をやりました」と答えます。

 

「それは、あなたがやった内容だよね。そうじゃなくて、やった結果を教えてほしいんだけど。」

 

「あっ、それは、□件の反応がありました」との回答。

 

「それで、どうするの?」と尋ねると、そこには沈黙が流れていました。

 

”これはまずい!やりっ放しじゃないか”と思いました。

 

「PDCAサイクル」のこと、「PDCAサイクル」を回すことが成果を手にするには重要であることを、社員に教えました。

 

■ 私はなんてアホなんだ!

 

ばらくして、「PDCAサイクル」を回した結果に期待をしながら、実施状況の報告を聴いていました。そして唖然としました。

 

なぜなら、、、以前と何も変わっていなかったからです。報告内容も変わっていませんし、そもそもやりっ放しの状態はそのままでした。

 

こんなはずじゃない。PDCAサイクルを回しているのだから、報告内容は今までとは違うはず。改善点や、その施策の継続の可否とか、次の実施に関する計画内容とかが、報告されるはずでした。

 

しかし、どこにもそのような内容はありませんでした。

 

社員に尋ねてみました。「PDCAサイクルを回したんだよね」と。

 

社員の答えは「はぁ、PDCAサイクルですよね。それが重要だろうということは、降旗さんから教わったのでわかったんですけど、、、でも、、、」

 

「でも、どうしたの?重要だとわかったのなら、やれば良いんだよね。」

 

「それはそうなんですけど、、、どうやったら「PDCAサイクル」を回すことができるのか、それがわからないんです。その点は、降旗さんからも教わりませんでしたし。

 

実際のところ、どうやればPDCAサイクルを上手く回すことができるのでしょうか。降旗さん、ご存知なんですよね。私たちに教えてください。」

 

私は口ごもりなから、「PDCAサイクルを回すんだよね。P⇒D⇒C⇒Aを順番にやれば良いんだよ」と。

 

社員の質問に答えながら、『なんてアホな答えを私はしているのだろう』と頭の中で思っていました。

 

■ お恥ずかしい限りでした

 

くよく考えてみると、「PDCAサイクル」を回すことの重要性は知っていましたが、どうやれば回すことができるのか、その具体的な方法を私は分かっていませんでした。社員に説明できる程、知ってはいませんでした。

 

だから、先ほど様なアホな答えしかできませんでした。

 

答えながら、冷や汗が私の背筋をスーッとながれていました。

 

その場はなんとかごまかし、それから、いろいろ調べまくりました。どこかに、「PDCAサイクル」を上手く回すための具体的な方法がどこかに必ずあるはずだ、と思ったからです。

 

この期待は、まんまと外れます。ビジネス書にも、ネットの検索でも、知り合いのコンサルタントに尋ねても、どこからも「PDCAサイクル」を回すための具体的な内容は手に入りませんでした。

 

「PDCAサイクル」を回すための具体的な内容は、どこにもなかったのです。

 

これでは、「PDCAサイクル」の重要性は分かっても、それを使いこなして成果を手に入れることは、夢のまた夢。到底、実現できることではありませんでした。

 

そして、私自身が、このことに気づかず、いい気になって「PDCAサイクルが重要だ。PDCAサイクルを回せば、成果を手にできるんだ」などと口にしていたのです。なんともお恥ずかし限りでした。

 

■ 誰も気にしていない

 

の時から、誰でもが「PDCAサイクル」を回して、実際に成果を手にするためには、具体的にどうすればよいのかを考える日々が続きました。

 

そして、あるひとつの重要なポイントがあることに気づきました。とても簡単なことなのですが、ほとんどの人が意識していない、気にしていない点でした。このポイントを社員に教えました。そして、「PDCAサイクル」を実践する際に、組み込んでもらいました。

 

すると、「PDCAサイクル」を社員自身で回せるようになりました。最初こそ、慣れることが必要だったので時間がかかりましたが、そのうちに当たり前のように使いこなすようになりました。

 

そして、やりっ放しがなくなりました。やりっ放しがなくなると同時に、改善点を明らかにできるようになりました。改善点を踏まえて次の計画を作ることができるようなりました。

 

そして、以前とは比較にならないよい成果・結果、90日後に売上123.8%、その後も売上アップが続くようになりました。

 

■ ありえないような成果が、、、

 

「やりっ放し」にイライラし、悩んでいた中小企業の経営者の方に、「PDCAサイクル」を回すポイントをお伝えし、実行していただきました。すると、次のような、今まででは考えられないような成果・結果がでました。

 

  • 6ヶ月経たずに、2つの施策について「PDCAサイクル」を回し、売上141.3%

 

  • たったひとつの施策を「PDCAサイクル」を回し、お客様からのアンケート評価で、高評価を87.2%。同時に社員の意欲が増し、次々と施策を実行(もちろん「PDCAサイクル」を回して)。

 

  • 3年間閉鎖されていた、和室ばかりで部屋にトイレが付いておらず、部屋からの景色もそれほど良くない保養施設をそのまま使い、宿泊業の素人ばかりで、競合ひしめく巨大温泉地に参入。施策ひとつ一つについてPDCAを回すことを積み重ね、参入1年半で「楽天トラベル顧客満足度地域No.1」を獲得し大繁盛。

 

  • 競合ひしめく幹線道路沿いの中古車販売。お客様に価値を提供する施策を、PDCAを回しながら一つずつ実践。初来店のお客様が、購入する車が決まっていないのに、その店で車を購入することを即決する状況に変わる。

 

  • お客様からの値引きがほぼ当たり前の中古車業で、PDCAを回しながら施策を積み上げる。値引きをお客様から全く求められずに購入が決まる販売店に変わり、6カ月後に売上141.3%。

 

  • ブライダル業界では、挙式・披露宴設備を下見して仮予約、一週間後の本予約という流れが当たり前。お客様に対する施策のPDCAを回すことで、初来店のカップルが、下見の前に「挙式・披露宴をここでしたい」とお願いされるブライダルサロンに変わる。6カ月経たずに売上126.3%。

 

  • 設備の状況が競合より劣るうえに、成果を出していたやり方を競合にマネされたにも関わらず、PDCAを回して施策を一つひとつ実施。参入してきた競合は撤退せざるおえなくなり、マネをされた側は、売上・収益を伸ばし続けた。

 

どの経営者の方も、

 

「こんなに簡単に実践ができて、改善も進み、しかも、こんな驚くような成果がでるものなのですね。以前のやりっ放しが嘘のようです。」、

 

「幾つかの施策をやっただけなのに、PDCAが回せると、こんな成果が出るなんびっくりです」

 

と驚きとともに、とても喜んでいました。

 

ここまでの話を聞いて、いかがですか?あなたはどのように感じていらっしゃいますか?

 

なぜ、このような実績を残すことができたのでしょうか?

 

 

多くの人が、成果を出すためには「PDCAサイクルを回すこと」の重要性、大切さを知っています。

 

しかし、現実に「PDCAサイクル」を回そうとしても回せません。これに対して、先ほどの「業界ではありえない」成果を出した経営者の方は、「PDCAサイクル」を回すポイントを知り、それを実践しただけなのです。

 

ポイントを知り実践したのか。
それとも、重要だという理屈だけを知っているのか。

 

この違いだけだったのです。

 

今回、この動画講座

 

90日後に売上123.8%の可能性を手に入れる「PDCAの秘密」

〜やりっ放しゼロ!実行の成果を手にする簡単な方法〜

 

によって、この違いをあなたに手に入れて欲しいと考えました。

 

【動画講座】
90日後に売上123.8%の可能性を

手に入れる「PDCAの秘密」
 〜やりっ放しゼロ!

実行の成果を手にする簡単な方法〜

 

れでは動画講座の内容をご紹介します。

 

【第1章】イントロダクション
  • 実践した成果
  • 本日あなたが手に入れること

 

【第2章】誰もが陥る「PDCA」の罠
  • 実践で手に入れたいもの
  • 実践成果が手に入らない理由
  • 解決のためにやりがちなこと
  • 成果を手にする方法
  • PDCAサイクルの嘘と真実

 

【第3章】「PDCA」を回すポイント
  • 私には回せない!無理!
  • PDCAを回すために重要な視点
  • PDCAの重要な要素はなにか?
  • PDCAの要素の関係

 

【第4章】成果につなげる「PDCAサイクル」の使い方
  • 「PDCAサイクル」が回った成果
  • 成果を手にする「PDCA」の使い方
  • PDCAを取り上げる理由
  • 経営者の勘違い
  • PDCAサイクル3つの秘密と成果を手にするポイント

 

【第5章】まとめ

 

 

この動画講座では、経営者のあなたが抱える、

 

  • PDCAサイクルを実践しているのに、売上アップが実現しない理由
  • 施策がやりっ放しとなり、PDCAサイクルが回せない理由

を明らかにします。

 

そして、

  • PDCAサイクルを回して成果を手に入れるためのポイント
  • PDCAサイクルを回す具体的な方法
  • 売上アップ、事業の成長を可能にする`PDCAサイクルの活用方法
  • PDCAサイクルを使って、業界でありえないような成果をあなたの事業に組み込む方法

をお伝えします。

以上の内容を約1時間強の時間で説明する動画講座です。

 

この動画講座を学ぶメリット

 

【動画講座】

90日後に売上123.8%の可能性を手に入れる「PDCAの秘密」
〜やりっ放しゼロ!実行の成果を手にする簡単な方法〜

 

を学ぶメリットをまとめました!

 

 施策を実行すると、やりっ放しがなくなり、実行しただけの成果、結果を手にすることができるようになる。

 実行結果から改善ができるようになるので、今までよりもよりよい成果、効果を手に入れやすくなる。

 実行した施策を継続するのか、それとも止めて他のことに取り組むのか、容易に判断できるようになるので、ダラダラと施策をやり続ける無駄がなくなる。

 実行している施策に効果があるのか、改善できるのか、わかるようになるので、効果が薄い施策をやる無駄がなくなる。

 企画、計画した施策をやりきることで、90日後に売上123.8%を実現できる可能性を、あなたの経営、事業運営に組み込むことができる。

 

動画講座を受講した方の声

 

「すごく腑に落ちたのでとてもよかった。」

東京都 平塚 様

 

「今日からやってみようと思います。」

東京都 内田 様

 

「難しいことじゃないんだ。」

東京都 北村 様

 

なぜ今回、

90日後に売上123.8%の可能性を手に入れる「PDCAサイクルの秘密」

の動画講座を提供することにしたのか?

 

はこれまで、

 

  • PDCAサイクルを知っているけれど、なかなか実行できない。
  • PDCAサイクルを実践しているのに成果がでない。
  • PDCAサイクルを回しているに、ちっともやりっ放しが減らない。

ということに悩み、不安を抱えている経営者の方をたくさん見てきました。

 

その一方で、

 

  • PDCAサイクルを回して、業界でありえない様な成果を手にしている。
  • PDCAサイクルを回すことで、やりっ放しが減り、以前より成果を手に入れやすくなった。
  • 実践施策の結果を評価でき、改善につながり、以前より短期間に大きな成果がでるようになった。
  • 成果が少ない、改善できない施策止め、他の施策に容易に切り替える決断ができるようになった。
  • 施策の実行について無駄な時間がなくなると同時に、時間を無駄にしているのではないかというイライラがなくなった。
  • 成果がでる施策を選ぶことができる様になったので、効率良く成果が出る様になった。

という成果・結果を手に入れた多くの経営者の方を見てきました。

 

この差は「PDCAサイクルを回すポイント、具体的なやり方を知り、実践している」のか、単に「PDCAサイクル」が重要だという理屈だけを知っているのか、という違いだけです。

 

  • 一方の事業が優れていて、他方の事業が劣っているわけではありません。
  • 一方の実施施策が優れていて、他方の施策が劣っているわけではありません。
  • 一方が熱心に施策に取り組み、他方が熱心に施策をやっていないわけではありません。
  • 一方の経営者が高学歴で頭が良く、他方は高学歴ではなく、勉強が苦手なわけではありません。

 

今回の動画講座

「90日後に売上123.8%の可能性を手に入れる「PDCAの秘密」
〜やりっ放しゼロ!実行の成果を手にする簡単な方法〜

 

では、PDCAサイクルを、現実に回すための具体的な方法をお伝えしています。

 

おそらく、PDCAサイクルの重要性を語り、PDCAサイクルの実行を推奨している経営コンサルタントの方や、中小企業診断士の方からは、「(自分の知らないPDCAの本質、原理原則)そんなことを明かす事は止めてくれ。勘弁してくれ!」と、私は恨まれることでしょう。

 

ここまで具体的にPDCAサイクルを回す根本の方法を伝えていることは、今までは全くないからです。

 

「PDCAを回すことが大切だ」としか、多くの人は伝えられないからです。

 

恨まれるかもしれませんが、それでも、動画講座を提供し、具体的で本当に結果につながる「PDCAサイクル」を回すポイントを明かすことにしました。

 

本当に成果を手にしたいと考える経営者のあなたにお伝えすることにしました。

 

なぜなら、経営者のあなたは、企画・計画し、実践した施策をやりっ放しにしてはいけない、実践した成果、結果を手に入れる必要がある、実践内容を改善してさらによい成果を生み出す必要があると、私は心の底から考えているからです。

 

PDCAサイクルを使うことで、あなたの施策が、お客様によりよい価値を提供することが重要だと考えるからです。

 

経営者の方が自ら売上アップを実現する、事業の将来を創り出せることが重要だと考えるからです。

 

今までのように、「PDCAサイクルを回すことが重要だ」と言いながら、回すための具体的な方法を明かさない、明かせないことは、経営者の方に対して失礼であり、あってはならないことだと私は考えているからです。

 

実際に活用するための具体的な方法がない、具体的なやり方が明かされないならば、どれほどその手法や方法が重要だと力説しても、意味がないと私は考えます。

 

手法・方法には、具体的な使用方法が必要だと考えます。実践方法が伴わない理論・理屈は、経営者のあなたに全く必要がないと私は考えています。

 

今回の動画講座は、「PDCAサイクルを回せばうまくいく」という理屈だけ語る世界を打破して、実際に成果・結果を手にするための具体的な方法を経営者のあなたにお伝えするものです。

 

今回の動画講座は、実施し成果・結果を手にするための「具体的な方法講座」シリーズの一つです。

 

経営者のあなたは、事業を進めるに当たり、様々なことを企画・計画し、実行して成果を手に入れたいと考えているでしょう。

 

「PDCAサイクル」を回すことができれば、やりっ放しはなくなります。

 

結果に至った原因がわかり、改善を進めることが出来ます。

 

「PDCAサイクル」を回せず、やりっ放しだったときに比べれば、遥かに成果、結果を手にすることが出来ます。

 

「PDCAサイクル」を回す秘密を知れば、あなたが手に入れたいと考えていることは、すぐ目の前、手の届くところに現れるようになります。

 

動画講座の料金

 

回の動画講座では、明日からでも実践できる役立つ考え方、手法をお伝えしています。

 

短期的に成果・結果に繋がるだけでなく、使い続け、習慣として使えるようになれば、この「秘密」を知らない方とは段違いの成果・結果を手にできるようになります。

 

今回お伝えする

 

90日後に売上123.8%の可能性を手に入れる「PDCAの秘密」

〜やりっ放しゼロ!実行の成果を手にする簡単な方法〜

 

を使い始めれば、半年も経たずに今を超える成果がでるようになります。

 

施策内容によっては、売上が123.8%になることを考えてみてください。今よりも、売上は金額にしていくら増えるでしょうか。その時、利益はどのくらい増えるでしょうか。

 

ご自身の事業に当てはめて、想像してみてください。

 

今のまま、企画・計画して実行してもやりっ放し、重要性はわかってもPDCAサイクルを回すことが出来ない状況が続いたとしたら、半年後、あなたは一体どのくらいの金額を、つかみそこねたことになるでしょうか。

 

もし、それをあなたが手に入れていたとしたら、どの様な状況になっているでしょうか。

 

あなたがつかみそこねた金額を考えたなら、逆にそれをつかみ取る具体的な方法を身につけるために、20万円、30万円を出しても、決して高くはないでしょう。

 

しかしながら、今回、この動画講座は10,800円(税込)でご提供することにしました。

 

 

ちょっ、ちょっと待ってください!

 

できるだけ多くの方に、この「PDCAサイクルの秘密」を知っていただき、ご自身の事業、経営に活かしていただきたいと考えております。

 

とはいえ、どのくらいの方がこの内容に関心を持ってくださるのか、まだ手探りの部分が少なくありません。そこで、今回、定価10,800円(税込み)の当教材を、8,870円(税込み)のテスト価格にで、ご提供することにしました。

 

定価10,800円(税込み)

8,870円(税込み)

 

状況によっては、いつまでこのテスト価格(8,870円)でご提供できるかはわかりません。

 

もしかしたら、正規価格に戻したほうが良いとなるかもしれません。

 

その時には、テスト価格でのご提供は終了となり、定価でのご提供になりますので、ご注意ください。

 

今回の動画講座が、本当に自分に役に立つかわからない。

 

そんな方のために返金保証をご用意しました。

 

返金保証

 

れだけこの動画講座の内容で、

  • PDCAサイクルを回せるようになり、施策のやりっ放しがなくなる。
  • PDCAサイクルが回り、改善が進んで、今よりもっと成果・結果がでるようになる。
  • 90日後に売上123.8%など、今よりありえない成果を手にできる様になる。
  • 多くの施策に取り組み成果を手に入れるので、競合を引き離すことが容易にできる。
  • 施策を実行し、成果を手にできるようになるので、事業の運営に経営者としての不安がなくなる、少なくなる。

というベネフィットがあるとはいえ、あなたにはまだ不安があるかもしれません。

 

でも、返金保証制度があるので安心してください。

 

もし動画講座を観て、「想像していた内容と異なった」とあなたが感じた場合、どんな理由であっても、ご購入から6ヶ月以内であれば、振り込み手数料こちら持ちで、ご購入費用を全額返金いたします。

 

安心して、この動画講座にご参加ください。

 

購入特典

 

回の動画講座を手に入れてくださった方には、特典として、

 

「PDCAサイクルを回す秘密」を用いた実践サンプルシート

 

をプレゼントします。

 

このサンプルシートは、現実にそのまま使用し、結果を出したものをベースにしています。実施内容は、やりっ放しになりやすいテーマを選び、かつ秘密保持契約に抵触しないものについて、記載内容を修正したものです。

 

場合によってはご提供できないこと

がございます。

 

信を持っておすすめする今回の動画講座ですが、1つだけお伝えしておかなければならないことがあります。

 

あなたが、施策のやりっ放しをやめる「PDCAサイクル」の具体的な方法について学ぶ際、

  • 自分は考えなくても、全て教えてもらおうと思っている。
  • 知識だけ手に入れば良い。実践はしなくても良いんだと考えている。
  • 最新の理論や流行りの手法をとにかく知りたい、学びたいと考えている。

このいずれかにあなたが当てはまるならば、今回の動画講座の内容は見当違いです。

このように考えられる方は、今回のこの動画講座の内容では、対応が難しいです。

他の教材をご利用ください。

 

もし、あなたが望んでいることが

  • ご自身の事業だから、学んだ事を使って自分自身でやってみよう。
  • 自分自身で「PDCAサイクル」を回せるようになって、成果・結果をだそう。
  • 「PDCAサイクル」を回す方法を身につけ、長期的に事業の成長を実現できるようになろう。

このようにあなたが考えているのならば、この動画講座の内容はきっと気に入って頂けます。

あなたの経営、事業に、明日から、そして長い期間にわたって、繰り返し、十分に活用していただけます。

 

お申込みはコチラから

 

【動画講座】90日後に売上123.8%の可能性を手に入れる「PDCAの秘密」

お支払い方法

 

よくある質問(Q&A)

 

Q1:「PDCAサイクル」自体、よく知らないのですが大丈夫でしょうか?

回答:「PDCAサイクル」を知らなくても、全く問題はありません。この動画講座では、実践したことをやりっ放しにせず、成果を手に入れる具体的な方法をお伝えしています。安心してご活用ください。

 

Q2:「PDCAサイクル」という言葉は知っていますが、実際にやった事がありません。それでも、大丈夫でしょうか?
回答:Q1でお答えしたように、「PDCAサイクル」を行った経験がなくても全く問題はありません。この動画講座では、PDCAサイクル実践の有無に関係なく、実践をした成果を手に入れる具体的な方法をお伝えしています。安心してご活用ください。

 

Q3:教材の動画はどうやって観る事ができるのでしょうか?
回答:教材の動画は、ウェブサイト上に準備(ウェブサイトへのアクセスにはパスワードが必要になります)いたします。ウェブサイトへのアクセス方法は、メールにてお知らせいたします。

 

Q4:動画講座に関連する資料などがありますか?
回答:動画講座の中で使用している資料をPDFにして、ダウンロードにより入手いただけるようにしています。

 

Q5:動画講座の費用の支払い方法は?
回答:動画講座のお支払いは、今回、「PayPal決済を用いたカードでのお支払い」のみをご用意しております。大変申し訳ありませんが、他の決済手段はご用意しておりません。PayPal決済を用いた場合、カード情報など決済に関する情報は、当方には一切明かされませんでの、安心してご利用ください。

 

追 伸

 

こまでお読みいただき、ありがとうございます。

 

内容をご理解いただけるように、ここまでお伝えしたことをまとめます。

 

企画・計画したことを実行したにもかかわらず、売上アップの成果が現れない。施策がやりっ放しになっている。成果が出ているのかよくわからなくなっている。実践したが改善できずに成果が手に入らない。

 

このような状況から脱するための「PDCAサイクルの秘密」、「PDCAサイクル」を回すための具体的な方法を、動画を通じてお伝えすることにしました。

 

さらに、90日後に売上123.8%を実現するための「PDCAサイクル」活用方法を、併せてお伝えすることにしました。

 

この動画による教材で学び、実践することで、

  • やりっ放しがなくなります。
  • 今より成果・結果を手にすることができるようになります。
  • 今までよりも改善が進み、より大きな成果を手にできるようになります。
  • 90日後に売上123.8%を達成する可能性があなたの事業に組み込まれます。

 

「いろいろ実践しているのに成果がでない。」
「やっても、やっても成果、結果につながらない」
「実践はしているが、やりっ放しになっている」

 

少しでもこのように感じることがある経営のあなた。

 

「やりっ放しがなくしたい」
「実践内容の改善をして成果を出したい」
「売上アップを実現したい」
「事業をもっと成長させたい」

 

と経営者のあなたが思われるのならば、お早めに動画講座に参加してください。

 

最後に、次のことをお伝えいたします。

 

「PDCAサイクル」には、成果を出せない、改善が進まない人が知らない「秘密」があります。

 

「PDCAサイクル」の説明という、一般的、表面的なことにとらわれないでください。

本質、原理原則に基づいて、ほとんどの人が知らない「PDCAサイクルの秘密」を手に入れてください。

この「PDCAサイクルの秘密」に沿った具体的な実践方法を手に入れてください。

 

もう一点、お伝えしておくことがあります。

 

あなたはナポレオン・ヒル氏をご存知だと思います。

 

「思考は現実化する」という名著を表した人で有名です。あなたもこの本を読んだかも知れません。

「ナポレオン・ヒル・プログラム」という名称を聞いたことがあるかも知れません。

 

 

ナポレオン・ヒルは、若い頃、新聞記者をしていました。彼は成功談を取材する目的で、世界の鉄鋼王であり、大富豪であったアンドリュー・カーネギーを訪問します。カーネギーは彼を三日三晩、自宅の豪邸に泊めながら、自らが培ってきた成功ノウハウを語りました。

 

そして三日目の夜、カーネギーは、ナポレオン・ヒルに、次のように告げます。

「どうだろう、私が億万長者になるであろうと思う500人をリストアップするから、彼らに取材し、共通点を見つけてほしいんだ。期限は20年。ただし、資金の援助は一切ない。」

 

ナポレオン・ヒル氏は、「ちょっと考えさせて下さい」と答えたそうです。

 

もしあなたが、ナポレオン・ヒル氏と同じ状況になったら、なんと答えるでしょうか。

 

時間が静かに流れます。

 

そして「分かりました!やります!」とナポレオン・ヒル氏はやる!を選択しました。

 

「29秒!合格だ!」カーネギーは時計を見て言いました。

「もしもあなたが30秒以上かかったら、わたしは君には頼まなかったよ。」

 

その時にやると決めたナポレオン・ヒル氏は、成功者に取材を行いました。20年後、「ナポレオン・ヒル・プログラム」の原型が完成。「思考は現実化する」という本を書き、世界中で大ヒット。億万長者になりました。

 

もしあのわずか29秒の間に、ナポレオン・ヒル氏が決断をしなかったら、「思考は現実化する」という本を私たちが読むことはなかったでしょう。

 

世界中の人に影響をおよぼす「ナポレオン・ヒル・プログラム」は、影も形もなかったでしょう。

 

当然、ナポレオン・ヒルが億万長者、成功者に加わることはなかったでしょう。

 

人生におけるチャンスを手にするためには、カーネギーが時間を測っていたように、私達に与えられた決断までの時間は、実際のところ、ほんの僅かです。

 

その瞬間に決断をしなければ、チャンスを手にすることは出来ません。

 

ナポレオン・ヒルは、29秒で決断をしました。もう1秒長く、30秒を超えていたら、このチャンスを手にすることは出来ませんでした。

 

かつてのナポレオン・ヒルと同じ様に、「成功者への分岐点にあなたは今立っている」としたらどうでしょうか。

 

あなたには、今回のこの機会を有効に使って欲しいと考えています。

 

あなたの事業における「チャンス」にして欲しいと願っています。

 

今回の動画講座には、特典をご用意しています。

 

また、動画講座に参加して、「想像していた内容と異なった」とあなたが感じた場合、どんな理由であっても、購入から6ヶ月以内にお知らせいただければ、振り込み料当方持ちで、全額返金いたしますので、安心して動画講座に参加のお申込みをしてください。

 

このチャンスを活かしてください。

 

あなたの事業の将来を変えるチャンスを手に入れる決断をしてください。

 

「PDCAサイクル」を回す本当の方法を手に入れて、売上アップの可能性を手に入れてください。

 

事業の将来に、夢と希望と期待をもち、経営、事業運営に取り組めるようになってください。

 

あなたが施策をやりっ放しせず、今まで以上の成果・結果を手にするために、私はあなたの手助けができると信じています。

 

一所懸命に事業に取り組むあなたと、動画講座でご一緒できたら嬉しいです。

 

ここまでお読みいただいて、私のメッセージに共感いただけたのであれば、ぜひ動画講座にご参加ください。

あなたと動画講座でお会いできることを、楽しみにしています。

 

ご注意ください

 

今回の動画講座には、特典をご用意しています。

 

動画講座の参加費用は、通常10,800円(税込み)のところ、テストマーケティングをおこなっているので、テスト価格8,870円(税込み)にてご提供します。

 

定価10,800円(税込み)

8,870円(税込み)

 

ただし、テストマーケティングなので、いつまでこの価格でご提供できるかはわかりません。

 

動画講座に参加いただいた方には、「PDCAサイクルを回す秘密」を用いた実践サンプルシートを差し上げます。

 

これらの特典は、今後、いつまでご提供できるかわかりません。

 

「PDCAサイクル」を回す具体的な方法、それによって成果・結果を手にすることに関心がある方は、すぐに動画講座への参加申し込みをして、特典を手に入れてください。

 

今すぐ手に入れる