後継者の育成と高校サッカーの共通点!?

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

TVをつけると、
お正月の全国高校サッカー選手権大会の、
県代表をかけたトーナメントの、
準決勝の試合が始まるところでした。

土曜日の試合の録画中継ですね。

綺麗な芝生のグランドで、
小雨まじりの天気の中ですが、
選手が活き活きと試合に臨んでいます。

「そうかぁ、、 high_school_soccer
神奈川県は、
この時期に代表校がきまるんかぁ」
なんて思っていたんです。

ふと、自分の時のことを思い出したんですね。
もう三十数年前ですけどね。(苦笑

そういえば、
10月10日の体育の日に、
長野県の代表を決める決勝戦があり、
優勝したのでした。

なんて思い出しながら、
試合を見ていたんですね。

で、おかしいな?って気づいたんです。

選手を映しながら、
名前がテロップで表示されますよね。

名前の後に、
その選手の出身チームが表示されます。

出身中学じゃぁないんですよ。

「◯◯中」と表示される選手がいますよ。

一方、Jリーグのユースチームの名前が、
表示される選手もいるわけです。

ということは、、、

Jリーグのユースチームに、
小さい頃から入って、
ずっと練習してきたのに、
高校年代で別のチームに入った、
ってことなんですね。

理由は簡単。

この年代。
全国高校サッカー選手権大会のステータスが、
とても高いようなのですね。

多くの中学年代のサッカープレイヤーが、
全国高校サッカー選手権大会に出て、
優勝を目指して、
強豪の高校チームにはいるのですね。

でも、、、
日本のサッカーを強くしようと思った時、
どうなのでしょうか?

全国高校サッカー選手権大会で活躍して、
その後Jリーグに入ったとしても、
Jトップチームにデビューするのは、
そこから数年。

高校生年代でも、
そのままJリーグの下部組織で、
練習を続けていたら。

Jトップチームに、
18歳より若い年齢で、
デビューする選手が、
もっと生まれるかもしれませんよ。

ちなみに、
メッシ、ロナウドは、
確かトップチームデビューは17歳です。

後継者の育成でも、
同じことが当てはまると思いますよ。

いろんな人から、
いろいろ教わると、
結局身につくことも、
身につかなくなります。

高校サッカーの場合は、
2年半近い時間、
監督・コーチから教わるので、
それは身につくでしょう。

しかし、経営や事業運営に関して、
後継者が通常、セミナーなどから学ぶ期間は、
わずか数時間から1日。
長くても数日。

その間に身につける、
というのは、
そんなに容易なことではないですよね。

だからこそ、
長期間にわたって、
同一の人から教わることが、
後継者にも必要なのですね。

間隔をおいて、
同じ人から何度も教わる、
という機会が、
身につける観点では、
必要と思いますよ。

で、、、

日本サッカーの強化を考えると、
全国高校サッカー選手権大会を、
Jリーグのユースチームも参加できる、
オープン大会にすればいいと思うんですけどね。

そうなれば、
高校生年代の選手から、
Jチームのユースチームの存在価値が、
高まると思うんですけどね。

一貫したサッカー教育と練習で、
若くしてリーグデビューできる、
選手がもっと生まれると思いますよ。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【無料】最新の集客手法やマーケティングをやらなくても、90日後に売上123.8%をラクラク達成の「秘密」を公開

無料レポート【マーケティングの「迷路」から脱出する たった一つの「秘密」の方法 〜”「一人勝ち」事業の創造メソッド”とは?〜】では、

  • マーケティングや集客方法を一所懸命に勉強しているのに、売上が伸びない理由
  • ほとんどの経営者が迷い込んでいるマーケティングの「迷路」の解明
  • 経営者のあなた自身がこの「迷路」に迷い込んでいるかどうかの評価
  • このマーケティングの「迷路」から脱出する考え方
  • 90日後に売上23.8%増や翌月売上57.3%増をラクラクと実現する具体的な方法、ステップ

など、あなたの事業の売上を伸ばし、事業の成長を継続し、競合から「一人勝ち」状態になる方法、事業の将来に期待と希望を持って取り組めるようになる方法である「一人勝ち」事業の創造メソッドについてお伝えします。