後継者の選び方が変です!

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

事業を継承する、
会社を継いでいくには、
後継者を選ばなければなりませんね。

事業承継に関する、
経営者へのアンケート調査のなかに、
後継者選びの要素が示されていました。

後継者を決定する要因は、
なにだと思いますか?後継者の選び方が変です!

後継者の候補がいる企業が、
決定時に重要視している要因は、

  • 経営能力の優秀さ(56.3%)
  • 役員・従業員からの信頼(46.3%)
  • 血縁・親戚関係(39.3%)

以下、取引先からの紹介、
現経営者との相性、金融機関からの信頼と続きます。
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 2005年12月
「事業継承」「職業能力継承」アンケート調査より)

実際に後継者を決定した企業が、
決定時に重視した事柄は、

  • 経営者の一族(55.2%)
  • 経営理念を継承できる(46.2%)
  • 経営意欲が旺盛(35.5%)

以下、取引先の信頼、経営能力が高い、
従業員からの信頼、と続きます。

あれ?ですよね。

選ぶ前は、経営能力の重視が、
56.3%で一番でした。

でも、実際には、24.9%の5位です。

一方、血縁・親族関係を重視するのは、
39.3%だったのですが、
実際には、55.2%と高いわけですね。

経営能力の高い人が、
本当のところは、
後継者として経営者になることが適切だ、
と思っているわけですね。

しかし、、、

経営能力とは、
どんな内容なのでしょうか?

それがハッキリしないですよね。
なので、比べようがありません。

次に、経営能力が高い、
というのは、
なにがどうなると、
高いことになるのでしょうか?

言うは易く、
中身はちっともわからないです。

だから、
後継者としての、
判断材料になりませんし、
選ぶ基準にもなりませんね。

一方、血族・親族となると、
なんとなくわかった気になります。

実際には、
なにもわかっちゃいないのですけどね。

そうですよね。

あなたの息子や娘さんが、
ビジネスや事業について、
なにをどのように感じ、
考えているか?

あなたにはわかりますか?

あなたが後継者なら、
逆に、親の経営者が、
なにをどのように考えているのか、
手に取るようにわかるでしょうか?

正直に言うと、、、

実際には、なにもわからないです。

単純に、わかった気持ちになっているだけです。

本当はなにもわかっていないのですが、
分かった気になるので、
血族・親族から選びやすいのですね。

経営能力の高さにせよ、
血族・親族だからという理由にせよ、
後継者を選んだところで、
経営者・後継者、
どちらもなにもわかっちゃいないわけですね。

何とか後継者を選んだとしても、
そこからどうやって、
後継者を育てるのか?
ということは、ハッキリできないですよね。

これが現実だと思います。

これをわかった上で、
後継者の選び方をどうするのか?
後継者をどうやって育てるのか?
を考えましょうね。

後継者を考える出発点が、
変わるってことですね。

この現実から考えると、
育て方が、
今までとは変わってきますよ。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【無料】最新の集客手法やマーケティングをやらなくても、90日後に売上123.8%をラクラク達成の「秘密」を公開

無料レポート【マーケティングの「迷路」から脱出する たった一つの「秘密」の方法 〜”「一人勝ち」事業の創造メソッド”とは?〜】では、

  • マーケティングや集客方法を一所懸命に勉強しているのに、売上が伸びない理由
  • ほとんどの経営者が迷い込んでいるマーケティングの「迷路」の解明
  • 経営者のあなた自身がこの「迷路」に迷い込んでいるかどうかの評価
  • このマーケティングの「迷路」から脱出する考え方
  • 90日後に売上23.8%増や翌月売上57.3%増をラクラクと実現する具体的な方法、ステップ

など、あなたの事業の売上を伸ばし、事業の成長を継続し、競合から「一人勝ち」状態になる方法、事業の将来に期待と希望を持って取り組めるようになる方法である「一人勝ち」事業の創造メソッドについてお伝えします。