経営戦略、経営計画は絞り込んで伝える

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

『経営戦略』、『経営計画』について、
経営者・社長、後継者のあなたは、
社員に伝えた時、何項目取り上げたでしょうか?

会社全体で、3項目?あるいは5項目?でしたか?

更に営業について、3項目?あるいは5項目?

サービス提供について、3項目?あるいは5項目?
20151204_b

話したそれぞれの3項目、
あるいは5項目は、
社員に伝わっているでしょうか?
社員は覚えているでしょうか?

経営戦略、経営計画を単純明快に伝えるためには」の中で、

伝える事は「単純明快」でなければならない

とお伝えしました。

「単純明快」の意味は、

「どこを目指し、何が判断の基準なのか」という、
『経営戦略』、『経営計画』および施策の『核』となる部分
すなわち、伝える中身を、
優しいくわかりやすく伝えることが重要でした。

「単純明快」は、平易は表現という意味ではないのですね。

では、『経営戦略』、『経営計画』の『核』が明らかになったとして、
社員に伝えるとき、いくつの項目として伝えますか?

先ほどのように、3項目?それとも5項目?

社員の記憶に残り、
その実現に向けて行動して欲しいと本当に望むならば、
伝える事項は、その時点で1項目です。

3項目、多いです。
5項目、、、問題外。
「『経営戦略』や『経営計画』の基本となる部分だから、
これは1項目、ということはわかるよ。
根本だからね。1項目にするべきだよね。」

その通りです。根本なのですから。

例えば、(前投稿からの続きで)

「自社パッケージを所有し、お客様に導入・提供で収益を獲得する」

この一言で充分です。

「自社パッケージを所有し、お客様に導入・提供する」と言いながら、
「他社パッケージも必要ならお客様に提供する」なんて言ったら、
自社パッケージの開発・導入と、他社パッケージの選択・導入の、
一体どちらに注力するのか、混乱してしまいます。

核となる1事項に絞り込まれている、
ということは、経営資源(人・もの・金)が、
その1事項に集中して投入されることを示しています

集中する、このことは『戦略』実現における基本ですから。

もし、同じレベルで他に示す事項があるとすれば、
それは『経営戦略』、『経営計画』の基本が詰め切れていない、
ということです。

もう一度、
『経営戦略』、『経営計画』を練り直す必要があります。
『経営戦略』、『経営計画』の核となる1事項を伝えたとして、
次に、営業やサービス提供、商品開発、マーケティングなど、
それぞれの業務領域において、個別に伝える事項が必要ですね。

その時、いくつの事を伝えますか?

これも3項目?それとも5項目?

これも先ほどと同様に「1項目」です。

営業、サービス提供、商品開発、マーケティング、
それぞれの業務領域で、『核』となることを伝える必要があるからです。

それぞれの業務領域の核となる事項に集中して資源を配分し、
取り組み、実現する必要があるから、ここでも「集中」することが重要です。

『経営戦略』、『経営計画』が、計画倒れに終わる原因の一つが、
集中して取り組まないことにあることをご存じでしょうか?

一つの業務領域(例えば、営業)で、
複数の事項を実施するように並べられるため、
資源も取り組みも分散し、実現する前に時間だけが過ぎてしまうからです。

実施事項の優先順位を明確にする意味からも、
核となる事項として1つの事を伝える必要があります。
それともう一つ理由があります。

それは、、、

いくつもの事項を言われると、直ぐに忘れてしまうからです。

今期の営業は、

  • 新規顧客獲得を強化する
  • 間接販売を拡大する
  • ○○製品の付加価値で差別化し、売る

などと言われても、
5分も経たないうちに、人ははっきり覚えていなからです。

あなたにも、同じ様な経験があるでしょう?

伝える内容は、どんなレベルでも1事項に絞り込む。

 

1事項に絞り込めるということは、

  • 『経営戦略』、『経営計画』が良く検討されている
  • 資源配分にメリハリがある

ことであり、結果として

  • 社員にわかりやすく、記憶に残る
  • 実施に至るため結果がでる

ことにつながります。

最近の社員へのあなたの説明。
さて、何項目ずつ伝えたでしょうか?1項目だったでしょうか?

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【無料】90日後に売上23.8%増や翌月売上57.3%増をラクラク実現。「一人勝ち」になる「秘密」を公開。

無料レポート
毎月10%超の売上減だったのに
90日後売上23.7%増翌月売上57.3%増
ラクラク実現し、競合から
自然に「一人勝ち」状態になる「秘密」の方法
”「一人勝ち」事業の創造メソッド”〜

では、

  • マーケティングや集客方法を一所懸命に勉強しているのに、売上が伸びない理由
  • ほとんどの経営者が迷い込んでいるマーケティングの「迷路」の解明
  • 経営者のあなた自身がこの「迷路」に迷い込んでいるかどうかの評価
  • このマーケティングの「迷路」から脱出する方法
  • 90日後に売上23.8%増や翌月売上57.3%増をラクラクと実現する具体的な方法、ステップ
  • 競合から自然に「一人勝ち」になる方法

など、あなたの事業の売上を伸ばし、事業の成長を継続し、競合との際限のない競争から脱出し、事業の将来に期待と希望を持って取り組めるようになる方法をお伝えします。