変わりたいならば知っておくべきこと:社長の経営講座

公開日:2020/07/30

更新日:2020/07/29


こんにちは。

売上と社員のやる気を一度に伸ばす事を支援する
ウィズスマイル降旗(ふるはた)です。

これを変えたい!
この点は変革したい!
こんな風になりたい!

今の状況から「変わりたい!」、
あるいは
「変えたい!」と思うことは、
あなたにも
少なくないと思います。

思うのですが、
現実には変わりません。

変わらないというよりも、
変えることができません。

そこで今回は、
何かを変えたい、
あるいは、
変わりたいと考えるならば、

そして実際に変わりたいならば、
知っておくべき重要なこと
時として勘違いしていることを
あなたと共有します。

【今回の内容の動画】(動画再生時間:13分56秒)

こんにちは。
ウィズスマイル 降旗(ふるはた)です。

 

初心者、初級者

例えば、
スポーツを思い浮かべてください。

サッカーでも野球でも、
テニスでもゴルフでも構いません。

今まで、
サッカー、野球、テニス、ゴルフを
あなたはTVなどで
観戦することはあっても、
やったことがなかったとしましょう。

それを最近やり始めたと
考えてください。

そうですね。
まだ初心者、あるいは
初級者の領域です。

何かのトレーニング方法や
トレーニングマシンなどで、
初心者、初級者の状況から、
一気にセミプロ並みのプレイヤーに
なることができるでしょうか?

サッカーならば、
J3のチームの
レギュラーになるとか、

都市対抗野球のチームの
レギュラーとか、

ゴルフならば
常にシングルでラウンドするとか。

考えるまでもなく、
「そんなことあり得ないでしょ」
と思いませんか?

これはスポーツに
限ったことではありません。

茶道や華道、武道。

ピアノやヴァイオリンなどの楽器。

料理や掃除などでも、
どんなことにも当てはまります。

 

プロセスという順序

どんな場合であっても、
初心者から初級、中級、上級の様に
徐々に実施できる
技量のレベルは上がり、

できることも増え、
質も良くなっていきます。

言わずもがなですが、
段階を踏む必要がある、
ということです。

まだ始めたばかりの初級者が、
いきなりプロレベルのテクニックを
いつでも発揮できる、
などということはまずありません。

まぐれでできることは
あったとしても、

状況に応じて
コンスタントに発揮する、
などということは
期待しても実現しません。

様々な技術を身につけ、
より上手にできる様になる、
様々な状況に対応できる様なる
ということは、

サッカーにせよ、野球にせよ、
武道や茶道、華道などであっても、
その領域で成長することです。

成長するためには、
学び身に付け、できる様になるための
プロセスという順序を
踏む必要があるということです。

これは子供の成長と同じと
考えることができます。

子供は一気に大人に
成長するわけではありませんね。

身体にせよ、勉強にせよ、
赤ちゃんだった子供が、
一気に社会人並みになる、
なんてことは起きません。

少しずつ体は成長し、
そこで筋肉がつき、
身体の使い方を覚えます。

勉強にしても、
簡単な読み書きから始まり、
徐々に難しい内容を学び、

そして、専門的な内容を
理解できる様になります。

それと同じことが、
常に私たちの事柄には
起きているということです。

 

少しずつ積み重ねる

成長のプロセスという順序。

これが必要なのは
お分りいただけると思います。

わかるのですが、
このプロセスという順序を
受け入れることが
多くの場合できません。

なぜなら。

成長というプロセスは、
やっただけ成長していることがわかる、
などという事がないからです。

例えば、英単語を
覚えるときのことを
思い出してください。

例えば受験の基本1000単語を
覚える事を考えてみましょう。

楽して簡単に、
短期間で1000単語を
覚える事ができたでしょうか?

実際には、
そんな事は叶いません。

一日10単語ずつ
覚えるとしても、
全てを覚えていないので、
復習が必要です。

復習しながら、
新たに10単語を覚えます。

また翌日は、
前日の10単語を復習し、
忘れた単語を覚えなおします。

さらに新たに10単語を覚えます。

そうして1週間後。

その週の60単語を復習して、
覚えていない単語をチェックします。

それを覚えてから、
新たに10単語を覚えて、、、

こんなことを繰り返して、
1000単語を覚えたのでは
ないでしょうか?

やっていることは
難しくないですし、
1回の分量が
多いわけではありません。

それを毎日毎日、
繰り返しやる事で、
1000単語を身につけた
という変化を手に入れたわけです。

1回に行うことは
薄紙を一枚重ねる様なことですが、
それを毎日毎日継続するから、
50日後、100日後には
大きな差となり、

スタート前より
大きく成長するわけです。

成長するためには、
少しずつの積み重ねを
やり続けることしかありません。

そして、これが
変化、成長をする
ということです。

あとは、レベルによって、
積み重ねる紙の
種類や厚みが変わります。

変化の結果が
変わっていくだけです。

これが成長のプロセスです。

 

成長がわからない

成長のプロセスが
この様なことなので、

やっている間には
成長している事が
本人にはなかなか分りません。

英単語を
前よりは覚えているな
とは思うでしょうが、

それが試験で
活かせるのかどうかは、
すぐには分りません。

変わりたい、成長したい
と願いながら、
取り組む間には、
変化も成長も実感味がない、
という状態になります。

やった分だけ成長を
実感できるのではなく、

やっている間は
成長を実感できず、
成長している事が分りません。

そして、あるとき、
成長を実感できるものです。

あなたもご存知の様に、
成長曲線は、
やった時間の経緯と共に
成長するのではなく、

変化、成長のために取り組む間は、
実際の変化は起こらず、
あるとき突然、
変化、成長を実感するという
階段状に成長するを体感します。

 

■ 言い訳をせずに・・・

変化する。
成長する。

そのためには、
少しのこと、地道なことを
延々とやり続ける、
継続して積み重ねる

というプロセスを
踏む必要があります。

しかも、やり続けている時には、
自分の成長が実感できません。

少しのこと
継続、やり続ける
変化、成長の実感がない

この3点があるので、
実際に変化、成長に
取り組み続ける事が
容易ではありません。

だから。

ラクして変わる。

成功という変化を
簡単に手にできる。

あっちのやり方だと、
直ぐに結果が出る。

この様になると、
その方法に飛びつきます。

変化、成長という
退屈で大変で辛いだろう
プロセスという手順を
やらずに済みそうだからです。

しかし。

実際に取り組むと、
変化、成長を
手にする事ができません。

そして、
「今回の方法は
私には合わなかった。
私のビジネスには適さなかった」
とさも尤もらしい理屈、
言い訳をします。

そして、
「今度は、こっちの方法をやれば、
変化し成長して、
成功を手にできるだろう」
と次の方法をネットで検索し、
SNSに表示されるPRのページにアクセスし、
その方法をやってみることを
繰り返してしまいます。

確かに、うまくいかなかった中身は、
合わなかったのだと思います。

なぜなら。
変化、成長のプロセスから
逸脱した内容だったからです。

そして新たな方法に
取り組んだとしても、

それが変化、成長のプロセスという
順序を踏まない中身ならば、
同じ様に言い訳をすることになります。

一気に変わることはありません。
一気に成長することもありません。

地道にやる。

少しずつでもやり続ける。

変化、成長が見えない時期であっても、
信じてやり続ける。

本当に変化し、成長したいならば、
この点から外れないと
わかっておく事です。

少なくとも、
頭では理解しておく事です。

わかっていない、
頭で理解していないので、
「ラクしてできる!」とか
「簡単にできる!」とか、
「直ぐに効果がある!」
という言葉に
反応してしまいます。

自分が何もしなくても、
変われる、
と思ってしまいます。

よくよく考えてみれば、
行動する過程では

今までよりは簡単で、
ラクにできることで、
直ぐに少しでも変化が
現れるかもしれませんが、

これらはあなたが熱心に
行動した結果でしかありません。

あなたが継続して、
どれだけ行動をするのか、
ということに関わっています。

行動に関わっているのですが、
わかっていない、
頭で理解していないので、
行動することにはつながりません。

それだから、
簡単で、ラクで、
直ぐに変化が出る
かもしれない方法であっても、

あなたは何も
変わることができないのです。

大前提として、
本当に変化を手に入れたいならば、

地道にやる。

少しずつでもやり続ける。

変化、成長が見えない時期であっても、
信じてやり続ける。

この点をわかり、
頭で理解しておくことです。

では、
実際に行動するにめに
気をつけておくことがあるので、
次回はその点を
あなたと共有します。

無料レポート