なぜ「彼女」を採用したのでしょうか?

blog_furuhata_phote_nameFROM:事業と経営を創造し売上アップを実現
ウィズスマイル 降旗

あるチェーン系のカフェに、
一休みしようと入りました。

カウンターで並んで注文です。

レジの若い女性。
如何にも学生アルバイト。
しかも入り立て感満載。
一般には可愛い部類の顔立ち。

ちょうどハロウィンの時期なので、
右のほっぺたに、ハロウィンカボチャをかたどった、
シールを貼っています。

注文をします。

彼女は無表情のまま、
カンターにトレーを置き、
紙ナプキンを置き、
カップのソーサーを並べます。

その動作は、なんとも優雅です。
(ちょーゆっくりということです。)

他のスタッフに、オーダーを伝えます。

そのあと、
「えっっと、、、
ミルクと、、、お砂糖は、、、
お使いになられますか?」

もったりと、言葉が発せされます。

「いいえ、結構ですよ」

「少々お待ちください。

あっ、お会計ですけど、、、」

会計を終えて、
商品を待つために、カウンターを横にずれるまで、
注文を始めてから結構な時間がかかりました。

この間、彼女は、全くニコリともしません。

ほっぺたにオレンジのハロウィンカボチャのシールを貼り、
ニコリともしない無表情の顔。

これ、かなり不気味です。

席に座ってからも、
知人と話しながら、
チラチラと彼女の動作と表情を、チェックしてしまいました。

本当に、全くの無表情。

先輩スタッフに教えてもらっても無表情。

手助けしてもらっても無表情。

お客様との応対は、常に無表情でゆっくりモードの「能面」。

正直に言うと、、、

”接客業なのに、なぜ彼女を採用したの?”

です。

以前からいる、
ニコリと微笑むスタッフの方が、断然好感度が高いです。

接客してもらって、気分いいです。
不気味感はまったくありません。

飲食などの接客業なのに、
スタッフに笑顔すらない、
応対がいまひとつ、
ということ、少なくありません。

「可愛いからって、
店長は採用したんじゃないのか?」
とあらぬ詮索をしてしまいます。

何を重視して、
店長、あんたは採用しているのさ!

と突っ込みたくなってしまいます。

「人手が足りない。
働いてくれるなら、、、」

わかりますよ。
わかりますけれど、
限度があるってことです。

笑顔で接客してくれるなら、
おばちゃん、おばあちゃんの方が、

無表情の若い子よりは、
よほどいいと思うのですが、、、

こんなことを感じるのは、
私だけでしょうか?

あなたは、どのように考えますか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【無料】最新の集客手法やマーケティングをやらなくても、90日後に売上123.8%をラクラク達成の「秘密」を公開

無料レポート「あなたが迷い込むマーケティングの「迷路」とそこから脱出するたった一つの「秘密」の方法」では、

  • マーケティングを一所懸命に勉強しているのに、売上アップが手に入らない理由
  • 売上アップが実現せず、ほとんどの経営者が迷い込んでいるマーケティングの「迷路」の実態
  • 経営者のあなた自身がこの「迷路」に迷い込んでいるかどうかの評価
  • マーケティングの「迷路」から脱出し、90日後に売上123.8%をラクラク手に入れる考え方
  • ラクラクと売上アップを手に入れるための具体的な方法、ステップ

など、あなたの事業において、売上アップをラクラクと手に入れる方法、競合との価格・サービス競争から脱却する方法、事業の将来に期待と希望を持って経営者が取り組めるようになる方法、などについてお伝えします。